コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレザー blazer

翻訳|blazer

世界大百科事典 第2版の解説

ブレザー【blazer】

軽い仕立てのジャケットの一種。語源は,1860年代にイギリス海軍の帆船ブレザー号の船員に,金ボタン,紺のフランネル製上着着用が義務づけられたことによるという,また,1880年代に,オックスフォード大学とのボートレースの対抗戦で,ケンブリッジ大学クルーが燃えさかる炎(ブレーズ)のような真紅の上着を用いたことに始まる,という説などがある。その後,クリケットやテニスなどでもユニフォームとして用いられてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブレザー【blazer】

スポーティーな背広型のジャケット。主にフラノ地を用い、パッチ-ポケットで金属ボタン。左胸に所属クラブのエンブレムをつけることもある。ブレザー-コート。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレザー
ぶれざー
blazer

軽量で、スポーティーなジャケットのこと。炎とか、炎のように光り輝くという意味のブレイズblazeの派生語。元来、ケンブリッジ大学のボート部の選手が着用した緋(ひ)色のジャケットで、1880年代からブレザーの名が使われた。また鮮かな縦縞(たてじま)でつくられた上着ゆえにその名があるとの説もある。テーラード・カラー、ダブルかシングルの打合せ、左胸のポケットのクラブ・バッジ(紋章)、金属製のボタン、両脇(わき)の張付けポケットなどがおもな特徴としてあげられる。また、伝統的にフラノ地がよく使用され、赤のほか紺、白、黒、ベージュ、グレーなどの無地を中心として、縞(しま)、格子、綾織(あやおり)のものもある。東京オリンピックの日本の選手団の制服にも採用されたように、スポーツ団体の制服をはじめ、通学服、カジュアル・ウエア、レジャー・ウエアとして、年齢、性別に関係なく着用されるようになった。[田村芳子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブレザーの関連キーワードサン・ローラン(Yves Saintカット・アンド・ソープレッピールックブレザーコートビュスチエエンブレム村上佳菜子学校の制服北島 忠治ワッペンコートパッチ試着

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブレザーの関連情報