コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレスト=リトフスク条約 ブレスト=リトフスクじょうやくTreaties of Brest-Litovsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレスト=リトフスク条約
ブレスト=リトフスクじょうやく
Treaties of Brest-Litovsk

1918年3月3日ソ連とドイツおよびその同盟国との間に結ばれた単独講和条約。十一月革命後ソビエト政権はドイツ側に休戦を呼びかけ,17年 12月3日からブレスト=リトフスク (現ブレスト) で交渉が始り,12月 15日暫定停戦協定が成立し,18年1月9日に交渉が再開された。しかしドイツ側の過大な要求のため会議は決裂し,2月 18日ドイツ=オーストリア軍は全面攻勢に出たので,V. I.レーニンは党内の強硬な反対論を押えて講和に踏切った。この結果ソビエト政権はバルト地方,白ロシア,ウクライナの大半を失うことになったが,第1次世界大戦がドイツ側の敗北によって終結するとともに本条約も破棄された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブレスト=リトフスク条約の関連キーワードチェルニン社会革命党カルス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android