ブレストリトフスク条約(読み)ブレストリトフスクジョウヤク

大辞林 第三版の解説

ブレストリトフスクじょうやく【ブレストリトフスク条約】

第一次大戦末の1918年三月、ソビエト新政権がドイツ・オーストリアとブレストで締結した講和条約。国内復興を目指すソビエト政権は連合国に和平を提案したが拒否されたため単独で講和、広大な領土を失ったがベルサイユ条約で無効となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android