コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレード blade

翻訳|blade

デジタル大辞泉の解説

ブレード(blade)

刃物の刃。アイススケートの刃やピッケルの刃などもいう。
回転翼の羽根。ポンプ・水車・ジェットエンジンなどの羽根。
ボートのオールの水をかく部分。
石刃(せきじん)。
刀のような細長い形状をした1枚の基板上に、マイクロプロセッサーメモリーハードディスク、各種ネットワーク機器などを用途に応じて実装したもの。サーバーとして用いられるサーバーブレード、記憶装置としての機能に特化したストレージブレードなどがある。いずれもブレードサーバーの筺体(きょうたい)に複数枚差し込んで使用する。

ブレード(braid)

絹・木綿・麻・羊毛などで織られた紐(ひも)。縁飾り・刺繍(ししゅう)などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブレード

衣服の後始末や縁飾り,結び紐,刺繍,レースなどに用いられる幅の狭い紐。組紐,織紐,編紐などがある。16世紀以降男女の衣服の装飾として使われたが,シャネルのスーツの縁飾りや,セーラー服の縁取りのブレードは一般的である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ブレード

ブレードサーバー」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブレード【braid】

縁飾りや端始末,ししゅうに用いる木綿,絹,麻,毛などの平らな織紐。組紐,編紐も用いる。織り方,太さ,素材などにより名称が異なる。ジグザグ形のリックラックrickrack,波形のウェーブブレード,軍服に用いる綾織のミリタリーブレード,あるいは麦わらのストローブレードなど布製でないものもある。シャネル・スーツのトリミングやセーラー服の蛇腹(じやばら)等はブレードを効果的に使った例である。古代ローマの衣服トゥニカにつけた紫の縁取りや線条の飾りクラウスclavusが起源といわれ,これがしだいに縁飾りの部分に残っていく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブレード【blade】

刃物の刃。
ボートのオールの水をかく平たい部分。
アイス-スケートの靴に付ける金属の刃。
スクリュー・プロペラなどの羽根。
ピッケルの、刃のついている部分。
石刃せきじん

ブレード【braid】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレード
braid

細幅の装飾用平紐。絹,金,銀,麻,綿,羊毛などの糸やビーズスパングルなどを材料とし,組む,編むなどの手法でつくる。衣服,カーテンクッションなどの,特に縁飾りに用いられる。

ブレード

石刃」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレード
ぶれーど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブレードの言及

【あみだくじ(阿弥陀籤)】より

…到達した下端が上端と対応するものである(図1)。 このあみだくじの考えは,数学の組糸braidという概念で扱うことができる。図2は,3本の組糸Z1とZ2の結合Z1+Z2を示したものである。…

※「ブレード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブレードの関連キーワードアイススレッジホッケーカナディアン・カヌーカナディアンカヌー日本ワイパブレードブレードシャーシージェットエンジンかみそり(剃刀)スラップスケートプロップファンシャネルスーツグリッドマン富士熱錬工業密閉式混合機ワイパーの日ブレードPCバテンレース洋上風力発電グレーダーナズビーカヤック

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブレードの関連情報