ブロンズ(英語表記)bronze

翻訳|bronze

色名がわかる辞典「ブロンズ」の解説

ブロンズ【bronze】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い」としている。ブロンズは青銅のこと。一般に、青銅のような黄色みがかった茶色をさす。身近に見る銅像の色。青銅はよりも早く登場した金属で、すずを2~35%含む合金。青銅色ともいうが、ブロンズ色という表現は日本でも馴染み深い。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ブロンズ」の解説

ブロンズ

〘名〙 (bronze)
① 青銅。
※玉石志林(1861‐64)四「壁氈、玻璃鏡、帳幃、褐銅(ブロンス)製の諸器家什を多く飾り輝かせり」
② 青銅製のもの。特に青銅の像。
煤煙(1909)〈森田草平〉一「名工のに成った銅像(ブロンズ)のやうにも思はれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ブロンズ」の解説

ブロンズ
ぶろんず
bronze

青銅のこと。銅合金の一種で、約9割の銅に、1割前後のスズを加えた合金。金属製器具や金属像のもっとも基本的な素材の一つになっている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブロンズの言及

【青銅】より

…ブロンズ,俗に唐金(からかね)ともいう。スズをおもな合金元素とする銅合金で,〈青銅器時代〉という年代の区分があることからもわかるように,人類が最も古くから使用した合金である。…

【銅合金】より

…青銅は古くから鋳物として使われてきたが,現在でもその特徴を生かして鋳物としての応用が多い。美術品に使用されてきたいわゆるブロンズは,スズ2~8%,亜鉛1~12%,鉛1~3%程度のものである。また,スズ8~12%のものが古くから大砲に使用されて砲金と呼ばれたので,今でも青銅の一部に砲金と呼ばれるものがある。…

※「ブロンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android