コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プシェミシル プシェミシルPrzemyśl

3件 の用語解説(プシェミシルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プシェミシル
プシェミシル
Przemyśl

ポーランド南東部,ポトカルパツキェ県の都市。ウクライナとの国境近く,サン川沿い,カルパート山脈サンドミェシ盆地の連結部に位置する。東西交易路の要地であり,要塞都市として始まる。 10世紀にはポーランドルテニアの紛争対象であった (→カルパート=ウクライナ ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プシェミシル【Przemyśl】

ポーランド南東部,同名県の県都。人口6万8800(1995)。ジェシュフの南東50kmに位置し,ビスワ川右岸の支流サン川上流の,カルパチ山系ベスキド山脈から続く高原上に立地する。集落の起源は古く(981),黒海とバルト海を結ぶ交易路に位置する。歴史的景観を残す山間の観光都市であるが,近年,周辺から天然ガスを産する。工業は木材加工,履物,縫製など軽工業が中心である。【山本 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プシェミシル
ぷしぇみしる
Przemyl

ポーランド南東部、ポドカルパティ県の都市。ビスワ川支流サン川の上流、カルパティア山脈を構成する東ベスキド山脈から派生する高原上に位置する。人口6万7955(2001)。ウクライナ国境に近い。981年に集落形成が記される古い町で、バルト海と黒海を結ぶ交易路上の要地として発展、1340年に都市となった。13~17世紀にはガリツィア地方を中心とするポーランドの発展期に繁栄し、町の景観はその歴史をいまにとどめ、観光地ともなっている。1930年代に周辺地区で天然ガスが発見され、第二次世界大戦後その採掘が進み、全ポーランドの産出量の約80%を占めるまでになった。ウクライナと上シロンスクシュレージエン工業地帯とを結ぶ産業動脈上のポーランドにおける玄関口として、経済的発展が期待されている。木材加工、履き物、縫製の軽工業が工業の中心で、フェルト生産も盛ん。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone