プティ

  • Roland Petit

百科事典マイペディアの解説

フランスの物理学者。エコール・ポリテクニク教授。デュロンと協力し固体の熱膨張を研究,水銀の熱膨張率を測定。1819年デュロン=プティの法則を発見。
フランスの舞踊家,振付家。パリ近郊のビルモンブル生れ。パリ・オペラ座バレエ学校を首席で卒業,オペラ座バレエ団に入団。第2次世界大戦下はシャラと組んで公演を行った。パリ解放の1944年オペラ座を退団,翌1945年シャンゼリゼ・バレエ団,1948年パリ・バレエ団を結成。この時期,《若者と死》(1946年,バッハ曲),《カルメン》(1949年,ビゼー曲),《狼》(1953年,デュティユー曲)などの代表作を振り付けている。1954年ジャンメールと結婚,このころからショー・ビジネスの世界へと進出,ミュージカルや映画,レビューなどの振付や演出も手がける。1971年マルセイユ市の招きでマルセイユ・ローラン・プティ・バレエ団を設立,世界各地で活躍し,日本でもたびたび公演を行ったが,1998年に監督の座を退任。上記以外の代表作として《ノートル・ダム・ド・パリ》(1965年,モーリス・ジャール曲),《トゥランガリラ》(1968年,メシアン曲),《プルースト―失われた時を求めて》(1974年,サン・サーンス,R.ワーグナー他曲),《コッペリア》(1975年,ドリーブ曲)などがある。→プリセツカヤ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1924‐
フランスの舞踊家,振付師。パリ近郊ビルモンブルに生まれる。パリ・オペラ座バレエ学校を出て,1939年同オペラ座の舞台に立つ。J.コクトーらの支持を得たが,44年脱退。第2次大戦後,シャンゼリゼ・バレエ団を経て,48年バレエ・ド・パリを設立。フォンテイン主演の《夜の淑女たち》(1948),妻のジジ・ジャンメールRenée(Zizi) Jeanmaire(1924‐ )が名声を得た《カルメン》(1949)や《狼》(1953),《シラノ・ド・ベルジュラック》(1959)などは,大きな反響を呼び,戦後のバレエ界を刺激した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プティの関連情報