コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラサード プラサード Prasād, Jayśanˈkar

3件 の用語解説(プラサードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラサード
プラサード
Prasād, Jayśanˈkar

[生]1890. ワーラーナシ
[没]1937.11.15. ワーラーナシ
インドヒンディー語の詩人,劇作家。代表作は,叙事詩カーマーヤニー』 Kāmāyanī (1935) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

プラサード
プラサード
Prasād, Rajendra

[生]1884.12.3. ビハール,ゼラデイ
[没]1963.2.28. パトナ
インドの政治家。プレジデンシー大学卒業後,大学教授となり,のち弁護士となった。 1917年チャンパランのインディゴ栽培労働者事件を契機に M.ガンジーの思想に共鳴し,20年弁護士をやめ,非協力運動に参加,民族独立運動に丁身。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラサード
ぷらさーど
Rjendra Prasd
(1884―1963)

インドの政治家。東部インド、ビハールの小地主の家に生まれる。カルカッタ大学卒業後、弁護士となる。1915年からガンディーにひかれ、1917年のチャンパーラン藍(あい)小作争議では彼の片腕として活躍。ガンディーの忠実な使徒として1920年以降、国民会議派ビハール州組織を足場に民族運動の指導者となる。サルダール・パテールとともにインド財界とも深いつながりを有し、会議派主流である保守長老派とよばれるグループを代表した。1934年を最初に計三度会議派議長を務める。独立インドの初代大統領(在職1950~1962)。『自伝』のほかにインドの分離独立を扱った『分割されたインド』の著書がある。[内藤雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラサードの関連キーワードガル・ビハーラビハールビハインドハーフ&ハーフシェール・シャーコーチ・ビハール王国ビハーラ窟ビハーリー・ムスリムビハーリーラールマハー・ビハーラ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プラサードの関連情報