コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラサード プラサードPrasād, Jayśanˈkar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラサード
Prasād, Jayśanˈkar

[生]1890. ワーラーナシ
[没]1937.11.15. ワーラーナシ
インド,ヒンディー語の詩人,劇作家代表作は,叙事詩カーマーヤニー』 Kāmāyanī (1935) 。

プラサード
Prasād, Rajendra

[生]1884.12.3. ビハール,ゼラデイ
[没]1963.2.28. パトナ
インドの政治家。プレジデンシー大学卒業後,大学教授となり,のち弁護士となった。 1917年チャンパランのインディゴ栽培労働者事件を契機に M.ガンジーの思想に共鳴し,20年弁護士をやめ,非協力運動に参加,民族独立運動に丁身。 34,39,48年国民会議派総裁。 46~49年憲法制定議会議長として新共和国憲法の制定に尽力。 50年1月 26日新憲法の発効とともに大統領 (暫定) ,第1回総選挙後再選され,52年5月 15日に正式の初代大統領。健康を害して 62年5月に辞任するまで2期大統領をつとめ,独立インドの政治安定と発展に貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラサード
ぷらさーど
Rjendra Prasd
(1884―1963)

インドの政治家。東部インド、ビハールの小地主の家に生まれる。カルカッタ大学卒業後、弁護士となる。1915年からガンディーにひかれ、1917年のチャンパーラン藍(あい)小作争議では彼の片腕として活躍。ガンディーの忠実な使徒として1920年以降、国民会議派ビハール州組織を足場に民族運動の指導者となる。サルダール・パテールとともにインド財界とも深いつながりを有し、会議派主流である保守長老派とよばれるグループを代表した。1934年を最初に計三度会議派議長を務める。独立インドの初代大統領(在職1950~1962)。『自伝』のほかにインドの分離独立を扱った『分割されたインド』の著書がある。[内藤雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プラサードの関連キーワードガンディー(Mohandās Karamchand Gāndhī)サラスワティーインド演劇8月19日12月3日1月10日5月9日

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラサードの関連情報