プラット修正(読み)プラットしゅうせい(英語表記)Platt Amendment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラット修正
プラットしゅうせい
Platt Amendment

アメリカ=スペイン戦争の勝利ののち,キューバに対する支配力を維持するために 1901年にアメリカの O.プラット上院議員が提出した,キューバ憲法に関する修正条項。全8項目から成り,キューバ政府の外交権や外国との負債契約権に制約を加え,アメリカのキューバに対する干渉権を明確に規定し,さらにキューバに軍事基地の提供を強要するといった内容を含み,事実上キューバをアメリカの保護領とするものであった。キューバ憲法制定会議は結局この修正を受入れることを余儀なくされた。 34年アメリカは新しい政策方針のもとに修正条項を撤廃したが,軍事基地はそのまま存続することになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プラット修正【プラットしゅうせい】

米国の,キューバに対する軍事適用法の修正条項。上院議員プラットPlattを長とする委員会が答申し,1901年成立。キューバの外国との条約や借款を制限し,米国が干渉権や基地設定権を取得することを規定。1898年の米西戦争独立したキューバの新憲法に付帯条項として強制挿入され,キューバは事実上米国の保護国となった。1934年廃止。→カリブ海政策
→関連項目善隣外交

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プラットしゅうせい【プラット修正 Platt Amendment】

米西戦争後の1901年,キューバの独立を認めるに際して合衆国議会が採択した条件。政府の意をうけたオービル・H.プラット上院議員が陸軍支出法案への追加条項として議会に提案し可決されたので,こうよばれる。1898年,米西戦争に突入する際,合衆国議会はキューバをスペインの支配から解放し独立させることを決議したが,プラット修正は,キューバに対して,自らの独立を損なうような条約を他国(つまりアメリカ以外の国)と結ばないこと,返済能力を超えるような債務を負わないこと,アメリカに海軍基地用地を売却または貸与することを要求し,またキューバの独立維持のため,あるいは市民の生命・財産・自由を保護しうる政府の維持のためにアメリカが干渉する権利を主張するものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラット修正
ぷらっとしゅうせい

1903年から34年までキューバ、アメリカ関係の基本となった条項。アメリカ上院キューバ関係委員会議長のプラットOrville Hitchcock Platt(1827―1905)議員が、アメリカ陸軍特別会計支出予算案への追加修正として提出し承認された(1901)条項のため、この名がある。アメリカ・スペイン戦争開戦にあたってアメリカはキューバの独立を公約したが、戦後の軍政(1899~1903)下でキューバ独立後の両国の関係が問題となり、アメリカはプラット修正を一方的に決定し、キューバ国民の反対を押さえて、それをキューバ共和国憲法に組み入れ、キューバ独立後、正式に条約化した(1903)。
 条項は8条からなり、キューバ領土の第三国への割譲および財政能力を超える国家債務の禁止、キューバの独立の保持および生命・財産・個人的自由を保護する能力のある政府を維持するためのアメリカの介入権の承認、海軍基地のアメリカへの売却ないし租借、などを内容としており、キューバを事実上保護国化するものであった。1934年廃止。[高橋 章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプラット修正の言及

【キューバ】より

…戦争は短期間で終結し,同年12月パリで講和条約が結ばれ,キューバがスペインの支配から離れること,独立するまでアメリカの軍事占領下に置かれることが決められた。1902年5月キューバは独立したが,独立に際して制定された憲法にアメリカがキューバに対する干渉権や海軍基地提供の義務を明記した〈プラット修正〉条項を強引に押しつけたため,キューバは実際には半ば植民地の状態に置かれることになる。この条項に基づいてアメリカは翌年キューバとの間に条約を結び,キューバのグアンタナモとバイア・オンダに海軍基地を設置するとともに,その後キューバの内政に対してしばしば軍事力を用いて干渉した。…

※「プラット修正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android