コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレビッシュ報告 プレビッシュほうこくPrebisch Report

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレビッシュ報告
プレビッシュほうこく
Prebisch Report

1964年3~6月ジュネーブで開催された第1回国連貿易開発会議総会の討議資料として,R.プレビッシュ同会議事務局長が提出した『開発のための新しい貿易政策を求めて』と題する報告書。同報告は発展途上国の1次産品輸出の停滞や交易条件の悪化による開発の行きづまりを指摘し,その打開のためには既存の国際貿易体制の構造変革の必要性を主張して次のような提案を行なった。 (1) 発展途上国の1次産品輸出拡大の障害となっている先進国の関税など貿易諸障壁の緩和,撤廃,(2) 1次産品の輸入目標の設定,(3) 1次産品の輸出・価格安定のための国際的商品協定の締結,(4) 発展途上国の製品,半製品に対する特恵関税制度の採用,(5) 交易条件の悪化による損失を補うための補償融資制度の導入,(6) 先進国の援助額の増加と借款条件の緩和,(7) 国連の機関としての新しい貿易機構の設置などで,その後の南北問題に関する議論に大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プレビッシュほうこく【プレビッシュ報告 Prebish Report】

1964年ジュネーブで開催された第1回国連貿易開発会議(UNCTAD(アンクタツド))において,討議資料として提出された〈開発のための新しい貿易政策を求めてTowards a New Trade Policy for Development〉と題する基調報告の通称。執筆したUNCTADの初代事務局長でアルゼンチンの経済学者プレビッシュRaúl Prebisch(1901‐ )の名をとって,このように呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のプレビッシュ報告の言及

【UNCTAD】より

…UNCTADの組織上の大きな特徴は,1国1票制が採用され,多数を占める南側諸国に有利な運営が企図されている点にあり,これは出資比率に応じた投票権制をとるIMF等の既存機関とは対照的である。 第1回会議では,初代事務局長プレビッシュの基調報告(いわゆる〈プレビッシュ報告〉)に基づき〈援助よりも貿易を〉をスローガンとして,一次産品に対する先進国の門戸開放,製品・半製品に対する特恵関税の供与,国民所得の1%援助等を討議した。第2回会議(1968,ニューデリー)では,〈援助も貿易も〉ともに拡大する要求が出され,一次産品の価格安定策,製品・半製品への一般特恵の供与,援助目標の上方修正(国民総生産(GNP)の1%へ)等が論じられた。…

【開発輸入】より

…しかし発展途上国は,工業化を行うだけの道路,鉄道,港湾などの社会資本を欠いているうえ,工業化のための機械・設備の輸入増による貿易収支の悪化に悩むようになってしまった。このため,64年の第1回UNCTAD(アンクタツド)(国連貿易開発会議)において,プレビッシュ報告がなされ,〈援助よりも貿易を〉というスローガンが生まれ,開発輸入方式による資源輸入が提唱された。さらに,60年代における発展途上国の相次ぐ独立に伴うナショナリズムの高まりや,60年代後半から70年代にかけて浸透した〈資源有限意識〉によって,資源輸出国の国際的地位が強化された。…

※「プレビッシュ報告」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プレビッシュ報告の関連キーワードR. プレビッシュ一次産品問題

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android