コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレーグル Pregl, Fritz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレーグル
Pregl, Fritz

[生]1869.9.3. ライバハ
[没]1930.12.13. グラーツ
オーストリアの化学者。 1893年グラーツ大学で医学の学位を取得。ドイツ留学 (1904) ,W.オストワルト,E.フィッシャーの各研究室で学ぶ。インスブルック大学医化学教授 (10) ,グラーツ大学医化学研究所所長 (13) 。胆汁酸の研究過程で微少量の試料を扱う必要に迫られたことから微量天秤を考案し,数十分の 1mgの分析が可能な有機微量分析法 (プレーグルの炭水素微量定量法) を開発した。 1923年ノーベル化学賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プレーグル

オーストリアの有機化学者。1913年グラーツ大学教授。微量てんびんを考案して有機物の炭水素微量定量法を創始,元素微量分析法を完成した。1923年ノーベル化学賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プレーグル【Fritz Pregl】

1869‐1930
オーストリアの化学者。ライバハの生れ。グラーツ大学で医学を学び,卒業後,生理学の研究を続けた。1904年ドイツのF.W.オストワルトやE.フィッシャーのもとで化学を学んでグラーツに戻り,タンパク質や胆汁酸を研究した。少量の試料しか得られないこれらの有機化合物を分析するために微量分析法を創始,微量てんびんその他の装置をくふうして,数mgの試料から炭素,水素,窒素を正確に定量する方法を12年までに確立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

プレーグル【Fritz Pregl】

1869~1930) オーストリアの化学者。スロベニアの生まれ。微量天秤てんびんを工夫し、微量試料の分析法(プレーグル法)を確立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレーグル
ぷれーぐる
Fritz Pregl
(1869―1930)

オーストリアの有機化学者。9月3日ライバハ(現在のスロベニアのリュブリャナ)に生まれる。グラーツ大学で医学を学び、ドイツに留学(1904)、オストワルト、E・フィッシャー、アプデアハルデンEmil Abderhalden(1877―1950)のもとで研究、インスブルック大学教授(1910~1913)、グラーツ大学教授(1913)となり、終生同大医化学研究所で研究した。胆汁酸の研究中、微量試料の分析の必要から、精密な天秤(てんびん)の製作をクールマンW. H. Kuhlmannに依頼し、分析装置を改良して試料2~3ミリグラムでも十分でしかも比較的短時間に行える有機定量分析法を考案した。これによって有機化学、生化学の発展に大きな寄与をすることとなり、1923年ノーベル化学賞を受賞した。1930年12月13日グラーツで没。[岩田敦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

プレーグルの関連キーワード元素分析

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android