コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロイス Preuss, Hugo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロイス
Preuss, Hugo

[生]1860.10.28. ベルリン
[没]1925.10.9. ベルリン
ドイツの国法学者,政治家。 R.グナイスト,O.ギールケの弟子で,1906年ベルリン商科大学教授となり,自由主義的な国家法人説を唱える。 K.シュタインの自治理念を継承し,『ドイツ都市の発展』 Die Entwicklung des deutschen Städtewesens (1906) を著述。 10年進歩人民党に入党,19年2月に内相となり,同年8月 11日公布のワイマール憲法を起草,「憲法の父」と呼ばれた。ドイツ革命後は民主党に属し,プロシアの下院議員に選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロイス
ぷろいす
Hugo Preu
(1860―1925)

ドイツの国法学者、政治家。ユダヤ人商人の子としてベルリンに生まれる。1906年以降ベルリン商科大学教授、1910年には進歩人民党のベルリン市会議員となる。ドイツ革命勃発(ぼっぱつ)後、ドイツ民主党に参加、1919年2月内相となり、エーベルトの委嘱を受けてワイマール憲法の草案を作成した。草案では、連邦制度の改革による単一国家への移行が意図されていたが、大邦の反対で修正を余儀なくされた。[松 俊夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

プロイス

生年月日:1860年10月28日
ドイツの政治家
1925年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

プロイスの関連キーワードザルツギッター10月20日ドイツ民主党エーベルト生年月日大塚勇三TUIローン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android