コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロイス プロイスPreuss, Hugo

2件 の用語解説(プロイスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロイス
Preuss, Hugo

[生]1860.10.28. ベルリン
[没]1925.10.9. ベルリン
ドイツの国法学者,政治家。 R.グナイスト,O.ギールケの弟子で,1906年ベルリン商科大学教授となり,自由主義的な国家法人説を唱える。 K.シュタインの自治理念を継承し,『ドイツ都市の発展』 Die Entwicklung des deutschen Städtewesens (1906) を著述。 10年進歩人民党に入党,19年2月に内相となり,同年8月 11日公布のワイマール憲法を起草,「憲法の父」と呼ばれた。ドイツ革命後は民主党に属し,プロシアの下院議員に選ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロイス
ぷろいす
Hugo Preu
(1860―1925)

ドイツの国法学者、政治家。ユダヤ人商人の子としてベルリンに生まれる。1906年以降ベルリン商科大学教授、1910年には進歩人民党のベルリン市会議員となる。ドイツ革命勃発(ぼっぱつ)後、ドイツ民主党に参加、1919年2月内相となり、エーベルトの委嘱を受けてワイマール憲法の草案を作成した。草案では、連邦制度の改革による単一国家への移行が意図されていたが、大邦の反対で修正を余儀なくされた。[松 俊夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プロイスの関連キーワード万延マイブリッジ有村次左衛門小野善右衛門佐久良東雄堀利煕森石松石英粗面岩井伊直弼李朝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロイスの関連情報