コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロイス プロイス Preuss, Hugo

2件 の用語解説(プロイスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロイス
プロイス
Preuss, Hugo

[生]1860.10.28. ベルリン
[没]1925.10.9. ベルリン
ドイツの国法学者,政治家。 R.グナイスト,O.ギールケの弟子で,1906年ベルリン商科大学教授となり,自由主義的な国家法人説を唱える。 K.シュタインの自治理念を継承し,『ドイツ都市の発展』 Die Entwicklung des deutschen Städtewesens (1906) を著述。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロイス
ぷろいす
Hugo Preu
(1860―1925)

ドイツの国法学者、政治家。ユダヤ人商人の子としてベルリンに生まれる。1906年以降ベルリン商科大学教授、1910年には進歩人民党のベルリン市会議員となる。ドイツ革命勃発(ぼっぱつ)後、ドイツ民主党に参加、1919年2月内相となり、エーベルトの委嘱を受けてワイマール憲法の草案を作成した。草案では、連邦制度の改革による単一国家への移行が意図されていたが、大邦の反対で修正を余儀なくされた。[松 俊夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロイスの関連キーワード西ベルリン東ベルリンベルリン青ベルリン映画祭シュターツカペレ・ベルリンベルリン空輸回廊ベルリン・ゲームベルリン州立管弦楽団ベルリンタワーベルリン協定

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロイスの関連情報