コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロキオン プロキオン Procyon

翻訳|Procyon

6件 の用語解説(プロキオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロキオン
プロキオン
Procyon

こいぬ座のα星 (α-CMi) の固有名。最輝星の一つ。連星で,主星は光度 0.35等,スペクトル型は F5。伴星は 10.7等の白色矮星。地球からの距離は約 11光年。色白の和名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プロキオン(〈ラテン〉Procyon)

小犬座α(アルファ)星。明るさは0.4等で、距離11光年。晩冬の夕刻、南天に銀河を隔ててシリウス相対する

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プロキオン

こいぬ座のα星。淡黄色の0.5等星,距離11光年。実視連星で,伴星は白色矮星(わいせい)。
→関連項目こいぬ(小犬)座ベテルギウス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プロキオン【Procyon】

こいぬ座のα星。シリウスベテルギウスとともに〈冬の大三角〉を形づくる輝星。ギリシア語起源で〈犬の前に〉という意。古代エジプトでは,ナイル川のはんらんを告げるおおいぬ座のシリウスに先立って昇ることから重要視された。中国では,ふたご座2星の〈北河〉に対比し,β星およびもう一つの微光星の三つを結び〈南河〉と呼んだ。和名は,島根地方の〈いろじろ〉がある。おおいぬ座のシリウスに倣うかのように,この星も白色矮星を伴星にもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

プロキオン【Procyon】

〔元来ギリシャ語で、犬の先駆の意〕
小犬座の α 星。シリウスに先立って夜空に昇る。光度0.4等の淡黄色の星。距離11光年。白色矮星わいせいの伴星を持つ実視連星。3月中旬の宵に南中する。プロシオン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロキオン
ぷろきおん
Procyon

こいぬ座のα(アルファ)星の固有名。この星とベテルギウス、シリウスで「冬の大三角」をつくる。名前はギリシア語で「イヌの前に」の意で、おおいぬ座のシリウス(Dog Star)に先駆けて東天に昇ってくることに由来する。アラビア名はアル・シァラ・アル・シャミイアAl-She'ara Al-Shamiaで「北のシリウス」の意。
 2000年の天球上の位置は、赤経7時39分18秒、赤緯プラス5度13.5分。毎年1月15日ごろ真夜中に南中する。実視等級0.36等で全天で8番目に明るい。色指数(BV)はプラス0.42等(天体の色を表す指標の一つで、青色B等級から実視V等級を引いたもの)。黄色に輝くスペクトル型F5の準巨星または主系列星。視差は285.9ミリ秒角で地球からの距離11.4光年の近距離星。質量は太陽の1.50倍で表面温度は6500K(ケルビン)。干渉計で星の角直径が5.2ミリ秒角と測定された。半径は太陽の2.1倍である。光度は太陽の7.2倍。自転速度vv sin i=5.7キロメートル/秒(iは地球から見た星の自転軸傾斜角)。固有運動は大きく、位置角214.7度の方向に1258.5ミリ秒角/年で動く。
 固有運動のふらつきから、1840年に暗い伴星の存在が予想され、1896年に10.7等の伴星(プロキオンB)が発見された。シリウスの伴星とともに有名な白色矮星(わいせい)で、質量は太陽の0.60倍、半径は太陽の0.0123倍で地球よりも少し大きいだけである。平均密度は大きく、1立方センチメートルあたり0.45トンにもなる。表面温度は7740K。主星と伴星は、周期40.38年、楕円(だえん)軌道の離心率0.365、軌道傾斜角(地球から見た公転軸の傾き)31.9度で共通重心の周りを公転している。主星の公転軌道長半径1180ミリ秒角。連星系の重心の視線速度はマイナス4.12キロメートル/秒で、主星の視線速度は公転に伴い重心の視線速度を中心に振幅1.70キロメートル/秒で周期的に変化している。主星については精密な分光測光がなされており、さまざまな振動モード解析や化学組成解析が行われている。あまり活発でないコロナからX線が観測されている。[山崎篤磨]
『桜井邦朋著『星々の宇宙――その現代的入門』(1987・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプロキオンの言及

【こいぬ座(小犬座)】より

…伴星は光度10.3等で白色矮星(わいせい)である。その固有名プロキオンはギリシア語で犬の前にという意味で,おおいぬ座の輝星シリウスに先だって東の地平線を昇るのでこの名がある。β星は光度3.0等で,ゴメイザ(涙ぐむもの),あるいはムルジム(先行するもの)の固有名がある。…

※「プロキオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プロキオンの関連キーワードシリウスベテルギウス大犬座バシリウスベルギリウスヒッポレギウス冬の大三角冬のダイヤモンド月刊少年シリウスこいぬ座(小犬座)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロキオンの関連情報