コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロタゴラス Prōtagoras

翻訳|Prōtagoras

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロタゴラス
Prōtagoras

[生]前485頃.アブデラ
[没]前410頃
ギリシアの最初期のソフィストトラキアのアブデラの人。シチリアとアテネで初めて報酬を取って教えた。プラトンの対話篇『プロタゴラス』に登場し,ソフィスト哲学とプラトン哲学の対立が浮彫りにされている。彼の思想は「人間は万物の尺度である」という命題に集約されるように,認識の相対性を主張し,絶対的な知識,価値,道徳の存在を否定するものであった。物事が真実何であるかということよりも,何かのように思われることが重視され,その結果,他人を説得し状況を自己に有利なように展開する方法が正当化され,弱論強弁を旨とする説得の技術としての弁論術への道を開いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

プロタゴラス

古代ギリシアの哲学者。代表的ソフィスト。〈人間は万物の尺度である〉とする相対主義の立場をとり,これを批判したのがプラトンの《テアイテトス》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロタゴラス【Prōtagoras】

前490ころ‐前420ころ
古代ギリシアの思想家で,最も有名なソフィスト。アブデラの出身。国家有数の人物たらんと欲する青少年たちにふさわしい〈徳〉を授けて報酬を得る私的専門教育,すなわちソフィストの術を,一個の職業として確立した人であり,70年の生涯のうち後半40年間にわたって,みずから〈徳の教師〉を名乗りつつ,ギリシア各地を遍歴してすごし,無比の名声を博した。とくにアテナイにはしばしば滞在した。前444または前441年に,アテナイが中心となって南イタリアに大規模な植民都市トゥリオイが建設された際には,新憲法の制定を委嘱されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

プロタゴラス【Prōtagoras】

前485頃~前410頃) ギリシャの哲学者。代表的ソフィスト。「人間は万物の尺度」として、判断の基準を各人に求め、認識の相対主義に立って自然に対する人為(ノモス)の優位を説いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロタゴラス
ぷろたごらす
Protagoras
(前490ころ―前420ころ)

古代ギリシアの代表的なソフィスト。トラキア海沿岸の町アブデラに生まれる。30歳ごろからソフィストとしての活動を開始し、40年余りギリシア全土を遍歴、とくにアテネへは頻繁に訪れて、紀元前444年アテネが南イタリアに建設した植民市トゥリオイの憲法起草を委嘱されたと伝えられる。「人間は万物の尺度である。在るものについては在ることの、在らぬものについては在らぬことの」ということばで記録された有名な人間尺度説は、普通、真理の基準を個々の人間の感覚に見立てようとする説と解釈されている。そのため、この説は絶対的な真理の存在を否定し、相対主義を標榜(ひょうぼう)するものとされている。そこで、同等な権利を主張する各人各様の判断のうち、いずれを採択したらよいかという問題になるが、ここで、ソフィストたちの教える弱い議論を強くする術(すべ)である弁論術が、自説を押し出すために必要となってくる。令名はとどろき、彫刻家フェイディアスをしのぐ大金をもうけたと伝えられるが、著作はいずれも失われ、現在残っているのは断片ばかりである。[鈴木幹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のプロタゴラスの言及

【ソフィスト】より

…訳して詭弁派ともいう。当時の代表的ソフィストは,プロタゴラス(北東ギリシアのアブデラ出身),ゴルギアス(シチリア島のレオンティノイ出身),ヒッピアスHippias(ペロポネソス半島のエリス出身),プロディコスProdikos(エーゲ海のケオス島出身)などで,このほかエウエノスEuēnos,アンティフォンAntiphōn,トラシュマコスThrasymachosらがいる。彼らの活動は国際的で,アテナイを中心に多くの都市国家をわたり歩き,主として富裕な市民家庭の子弟を相手に,金銭を報酬として教育活動を行って人気を得た。…

※「プロタゴラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロタゴラスの関連キーワードシラー(Ferdinand Canning Scott Schiller)ギリシア哲学史(年表)七賢人(ギリシア)ギリシア七賢人アリスチッポスプロディコス人間中心主義ギリシア哲学ヒッピアス個人主義主意主義懐疑学派修辞学校ノモス修辞学無神論感覚論主観論詭弁人為

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android