プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(読み)プロテスタンティズムのりんりとしほんしゅぎのせいしん(英語表記)Die protestantische Ethik und der “Geist” des Kapitalismus

世界大百科事典 第2版の解説

プロテスタンティズムのりんりとしほんしゅぎのせいしん【プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 Die protestantische Ethik und der “Geist” des Kapitalismus】

M.ウェーバーの,ある意味では彼を代表するほどの有名な論文。1905年,彼がW.ゾンバルトとともに編集する雑誌《Archiv für Sozialwissenschaft und Sozialpolitik》に公表され,その後直ちにゾンバルト,L.ブレンターノ,F.ラッハファール,E.トレルチなど多くの学者の間に激しい論争が生じた。ウェーバーは19年末ころからこの論文の大量加筆に着手し,《宗教社会学論集》第1巻(1920)に掲載された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
ぷろてすたんてぃずむのりんりとしほんしゅぎのせいしん
Die protestantische Ethik und der 》Geist《 des Kapitalismus

マックス・ウェーバーが1904年から05年にかけて『社会科学と社会政策のアルヒーフ』誌に発表した論文。この論文において、彼は、カルビニズムやピューリタニズムなどの禁欲的プロテスタンティズムの倫理が、西欧特有の現象としての近代資本主義の精神的支柱となったと論じた。彼がとくに強調するのは、二重予定説という「恐るべき教説」の心理的影響である。これがために、信徒は、「救いの確かさ」の確証を、神から課せられた「使命」(ベルーフ)としての世俗内職業労働への専心のうちに自ら求め、非合理的衝動や欲求を厳しく自己統制し、生活を徹底して合理化するに至った(現世内禁欲)。これが経営および労働の組織的合理化をもたらしたというのである。[高野清弘]
『梶山力・大塚久雄訳『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』全二冊(岩波文庫) ▽トーニー著、出口勇蔵・越智武臣訳『宗教と資本主義の興隆』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神の言及

【ウェーバー】より

…彼にとって経済は近代西欧を支配する最大の力である。この力をマルクスにならい〈資本主義〉と名づけ,まったく新しい視角からその本質を解明したのが《プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神》(1904‐05)である。この記念碑的論文で彼は,資本主義のエートスを〈職業人Berufsmensch〉の倫理に求め,それがプロテスタンティズムの〈世俗内禁欲innerweltliche Askese〉に由来することをつきとめる。…

【資本主義】より

…彼によると,ピューリタニズムは,職業という世俗的活動を神の与えた使命ととらえて勤勉を命じ,節約と蓄積をなすべきとした。人間と神のあいだには絶対的な断絶があり,人間は神による救済の予定を知りえないが,それゆえにこそ,救いについての不安を和らげ救いの確信を得るために,神に与えられた使命すなわち職業に禁欲的に専念し,現世における神の栄光を増すよう不断の禁欲的努力をしなければならぬとするカルビニズムがその倫理をより強固にしたというのが彼の有名な議論である(《プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神》)。 営利主義と合理主義は,資本主義経済以前における共同体内での慣習的な生産と消費の繰返しという伝統主義的な経済活動・生活態度を打ち破るものである。…

【プロテスタンティズム】より

… プロテスタンティズムは西洋近代の成立と発展とに歩みを同じくしているので,近代世界と深い関係をもったことは当然である。近代資本主義成立にかかわるプロテスタンティズムとくにカルビニズムないしピューリタニズムの倫理の役割を強調したM.ウェーバーの《プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神》は有名である。また神の前に立つ良心的人格の確立は,近代の個人主義的傾向に大きな影響を及ぼしている。…

※「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神の関連情報