コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川島武宜 かわしまたけよし

7件 の用語解説(川島武宜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川島武宜
かわしまたけよし

[生]1909.10.17. 岐阜
[没]1992.5.21.
現代日本の代表的私法学者。東京大学法学部卒業。 1945年同大学教授となり,民法,法社会学などを専攻。第2次世界大戦後のいわゆる法社会学論争,法解釈方法論についての論争などで指導的役割を演じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわしま‐たけよし〔かはしま‐〕【川島武宜】

[1909~1992]法学者。岐阜の生まれ。東大卒。東大教授。民法・法社会学の研究に業績を残す。著作に「日本人の法意識」「科学としての法律学」「日本社会の家族的構成」など。平成3年(1991)文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

川島武宜【かわしまたけよし】

戦後日本を代表する法社会学者のひとり。岐阜県出身。東大教授。戦後日本社会における〈生ける法〉(エールリヒ参照)の近代化を自らの学問研究の目標に掲げ,《所有権法の理論》においては近代市民社会の法秩序の基本原理を追究し,また《日本社会の家族的構成》《農家相続と農地》《日本人の法意識》など日本社会における具体的な〈生ける法〉に関する数多くの実証的研究を残した。
→関連項目法社会学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川島武宜 かわしま-たけよし

1909-1992 昭和時代の法学者。
明治42年10月17日生まれ。昭和20年母校東京帝大の教授となる。民法,法社会学を専攻。「所有権法の理論」や日本社会の特質を分析した「日本社会の家族的構成」などをあらわす。また科学としての法律学をとなえ,「法社会学講座」などの編集にもあたった。平成3年文化功労者。平成4年5月21日死去。82歳。岐阜県出身。旧姓は高木。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かわしまたけよし【川島武宜】

1909‐92(明治42‐平成4)
現代日本の代表的な民法学者・法社会学者。我妻栄のもとで民法を専攻。穂積重遠末弘厳太郎イェーリングエールリヒ等の影響により法社会学に目を開かれ,第2次大戦中執筆の〈《所有権法の理論》〉(1949)は,近代社会関係と法制度との関係を分析し,近代法制度の基本構造を解明するための方法論を準備した。これは,理想型としての近代市民社会の法関係との対比において日本社会を分析し,批判するための基礎作業となり,〈《日本社会の家族的構成》〉(1948)とともに,民法改正をはじめとする戦後改革を思想的にリードした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かわしまたけよし【川島武宜】

1909~1992) 民法学者。岐阜県生まれ。東大教授。科学としての法学の樹立や法社会学の研究に業績をあげる。著「日本社会の家族的構成」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川島武宜
かわしまたけよし
(1909―1992)

民法学、法社会学者。明治42年10月17日岐阜市に生まれる。1932年(昭和7)東京帝国大学法学部卒業後、同大学助教授を経て、1945年教授となる。民法学の領域においては、債務不履行責任不法行為責任との請求権非競合を唱える論文を発表して法学界に大きな影響を与え、その後も多くの新しい解釈論を展開して、民法学に新しい視点を導入した。また名著『所有権法の理論』(1949)では、商品交換の過程から近代法の構成を試みた。第二次世界大戦後は、法社会学の領域においても活躍をみせた。数々の慣行調査を行い、日本の近代化過程における、近代的なものと前近代的なものとのずれを明らかにし、法学界を超えた啓蒙(けいもう)活動でも知られる。主著に『日本社会の家族的構成』(1950)、『法社会学における法の存在構造』(1950)、『科学としての法律学』(1955)、『近代社会と法』(1959)、『民法総論』(1965)などがある。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の川島武宜の言及

【ウェーバー】より

…戦前のマルクス主義が学問の領域で,普遍的歴史法則と絶対知の発見という教義体系を作り出す方向へと強く作用したのに対して,それとの鋭い内的な緊張関係を通して,ウェーバーに学びつつ社会的経験の意識化のあり方と科学の〈仮説性〉とを結合させ,科学的記述と〈価値〉を峻別することによって,戦中から戦後にかけて日本の社会科学を建設した人々が存在する。政治学の丸山真男,経済史の大塚久雄,法社会学の川島武宜といった人々がその代表的な例で,おのおのの個別研究の対象と具体的な成果の相違を超えて共通するのは,日本の近代社会における科学的認識とその方法的自覚の重要性についての強烈な意識であったといえよう。〈理念型〉〈価値自由〉〈実践意欲の禁欲〉に深く学びながら,いずれも〈ウェーバー研究〉という方向をとらず,日本社会の実証的,内在的〈批判〉や,その〈鏡〉としての西洋経済史研究を試み,経験科学が思想形成力の拠点となりうることを示した。…

【日本社会論】より

…なかでも〈家〉が日本の組織の原型(つまり作田啓一のいう〈原組織〉)の拠点であるとする説が有力である。 たとえば,法社会学者,川島武宜の〈日本社会の家族的構成〉説がそうである。川島の説によれば,日本の家族制度は,(1)家長の権威と家人のそれに対する恭順という関係に支えられた封建武士的=儒教的制度,(2)家人が互いにむつみ合う協同体的雰囲気(それ自体が一つの権威的秩序)の中で,それぞれが職分に応じた固有の地位を保つ民衆的制度,これら二つが混合・相互浸透したものである。…

【法社会学】より

…末弘の影響は,平野義太郎マルクス主義法学の研究と,それによる日本資本主義の機構と法律の批判を生み出した。この両者の影響の下に,戒能通孝川島武宜が近代市民社会の研究を基礎として,日本社会の特殊性・前近代性を指摘した。ここには,エールリヒのほかに,ウェーバーやK.マルクスの影響もみられる。…

※「川島武宜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川島武宜の関連キーワード末弘厳太郎法社会学ルーマン磯村哲北川隆吉広中俊雄見田宗介綿貫譲治日本法社会学会法社会学論争

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川島武宜の関連情報