プロトタイプ

精選版 日本国語大辞典「プロトタイプ」の解説

プロトタイプ

〘名〙 (prototype) 原型。標準。手本。また、試作品。
※花影(1958‐59)〈大岡昇平〉一「日本のスターも外国のスターのプロトタイプによって生産されてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「プロトタイプ」の解説

プロトタイプ

システム開発の初期の段階で、ユーザーの動作確認用として作成する試作品のこと。プロトタイプモデルによる開発で用いられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「プロトタイプ」の解説

プロトタイプ(prototype)

原型。基本型。手本。模範。「西洋をプロトタイプに国作りを進める」
製品などの試作モデルのこと。
[類語]原型原形典型モデル形式体裁フォーム年式かた様式型式かたしき書式フォーマットスタイルパターンタイプ類型定型ひな形方式手本見本サンプルスタンダード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android