コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロトタイプ ぷろとたいぷ

4件 の用語解説(プロトタイプの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プロトタイプ

システム開発の初期の段階で、ユーザーの動作確認用として作成する試作品のこと。プロトタイプモデルによる開発で用いられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プロトタイプ(prototype)

原型。基本型。手本。模範。「西洋を―に国作りを進める」
製品などの試作モデルのこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典の解説

プロトタイプ

市販されていない機体。試作機。実験機。ワールドカップなど大きな大会ではプロトタイプ部門の競技がある。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

プロトタイプ【prototype】

実験的に少数だけ作られるもの。試作品。
余計な装備を省いて,最低限必要な物だけを備えた型の製品。
そのものや種類の特徴・本質を,最もよく表しているもの。
〘言〙 一つのカテゴリーにまとめられる成員のうち,グループの中心をなすとみなされる典型。英語の鳥(bird)のプロトタイプの一例はコマドリ(robin)と言われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロトタイプの関連キーワードシステムアドミニストレータースーパーユーザータイムシェアリングシステムユーザーIDユーザーファイルNEC情報システムズエヌ・ティ・ティ・システム開発東京システム開発東洋システム開発

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone