コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロリン プロリン proline

翻訳|proline

6件 の用語解説(プロリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロリン
プロリン
proline

アミノ酸の一種。略号 Pro 。(1) L体 吸湿性柱状晶。 220~225℃で分解。 (水) 。水に易溶。ゼラチン加水分解で得られる。(2) DL体 針状晶 (1分子の結晶水を含む) 。融点 190℃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プロリン(proline)

アミノ酸の一。たんぱく質中に含まれ、特にゼラチンに多く、生体内ではグルタミン酸から生合成される。甘みのある無色の柱状結晶。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

プロリン

 C5H9NO2 (mw115.13).

 タンパク質に常在するイミノ酸可欠アミノ酸.特有の構造をもつイミノ酸であることからペプチド鎖立体構造に独特の影響を与える.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

プロリン【proline】

アミノ酸の一種で、非必須アミノ酸。唯一アミノ基を持たない、アルコールに溶けるアミノ酸。広くたんぱく質に存在し、特にゼラチンに多く含まれる。生体内ではグルタミン酸から生合成され、逆反応でグルタミン酸へと分解される。皮膚などの組織を構成するコラーゲンの主要成分であるほか、速効性のエネルギー源、関節痛の緩和などの作用があるとされる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

プロリン【proline】

タンパク質を構成するアミノ酸の一。ゼラチンに特に多く含まれる。アルコールに溶ける唯一のアミノ酸。生体内ではグルタミン酸から生合成され、逆反応でグルタミン酸へ分解される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロリン
ぷろりん
proline

第一級アミノ基-NH2のかわりに第二級アミノ基(イミノ基)Hをもつ環状のアミノ酸(イミノ酸)の一つで分子量115.13。ピロリジン-2-カルボン酸構造をもつ。1901年にドイツの有機化学者フィッシャー(1902年ノーベル化学賞受賞)がカゼインの加水分解物から初めて分離し、プロリンと命名したが、DL-プロリンはその前年にドイツの有機化学者ウィルシュテッターによって合成されていた。L-プロリンはほとんどのタンパク質に含まれるが、とくにコラーゲンとその変性物であるゼラチンに多く、構成アミノ酸(タンパク質をつくっているアミノ酸のこと)の20%前後を占める。エタノール(エチルアルコール)に溶ける唯一のアミノ酸で、水に対する溶解度はタンパク質をつくるアミノ酸のうち最大である。弱い甘味があり、ニンヒドリンで黄色に、イサチンで青色に呈色する。亜硝酸と反応してニトロソ化合物をつくり、窒素を発生しない。非必須(ひひっす)アミノ酸で、生体内ではグルタミン酸からつくられる。植物中ではピロリンを経てアルカロイドのアトロピンやニコチンになる。なお、コラーゲン中には3位または4位の水素がヒドロキシ基に置換されたヒドロキシプロリンが10%程度含まれている。4-ヒドロキシプロリンも1902年フィッシャーがゼラチンの加水分解物からプロリンとともに単離した。水酸化はプロコラーゲン‐プロリン‐ジオキシゲナーゼによる。この反応には鉄イオンFe(2+)とアスコルビン酸(ビタミンC)が必要である。壊血病はコラーゲン生合成においてプロリンとリジンの水酸化(ヒドロキシ化)ができなくなり、正常なコラーゲンができなくなることに起因する。[野村晃司]

食品

プロリンはそれ自体に味があり、L型は弱い甘味、D型はわずかであるが苦味がある。L-プロリンは天然系の食品添加物の一種で、調味料や強化剤として用いられている。たとえば、プロリンと糖を加熱するとアミノカルボニル反応をおこし、よい香気がでるとともに褐色に着色する。この反応を利用してパン製造時にプロリンを加え、風味をよくすることが行われている。[河野友美・山口米子]
『船山信次著『アルカロイド――毒と薬の宝庫』(1998・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロリンの関連キーワード不可欠アミノ酸アミノ酸バランスAE比準必須アミノ酸第一制限アミノ酸必須アミノ酸パターン必須-非必須アミノ酸比非必須アミノ酸非必須窒素必須アミノ酸 (essential amino acid)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロリンの関連情報