コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーケット島 ぷーけっととうKo Phuket

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プーケット島
ぷーけっととう
Ko Phuket

タイ南部、マレー半島西岸にある島。本土と橋で結ばれる。面積800平方キロメートルの小島であるが、同国有数の錫(すず)の大鉱床がある。降水量が多く、ヤシやサトウキビの栽培も盛んである。沿海ではエビの漁獲も多い。近年は観光開発が進み、内外からの訪問客が多い。[大矢雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デジタル大辞泉の解説

プーケット‐とう〔‐タウ〕【プーケット島】

Ko Phuket》タイ南部、マレー半島西岸の島。プーケット県に属す。本土とサラシン橋で結ばれる。古くからアンダマン海の交易の拠点として栄えた。同国有数の錫鉱床があり、16世紀から採掘が行われた。天然ゴム、サトウキビを産する。近年は国際的な海岸保養地として知られる。中心都市は南東岸のプーケット

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーケット島
プーケットとう
Ko Phuket

タイ南西部,マレー半島西岸に狭い海峡を隔てて浮かぶ島。主都プーケット。おもに平地だが,標高 520mほどの丘が点在する。前1世紀頃から人が住み,早い時期からタイ諸族の王朝の支配下にあり,16世紀頃アユタヤ朝に編入された。18世紀以降多数の中国人が移住し,今日住民の半数以上を中国人が占める。古くからスズの産地として知られ,タイ有数のスズ産出量を誇る。砂浜や奇岩の美しい海岸に囲まれ,観光開発が進んだ。2004年スマトラ島沖地震による津波で甚大な被害を受け,おもに海外からの観光客数千人が犠牲となった。面積 543km2。人口 16万6000(1990推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プーケット島の関連キーワードプーケットのカシューナッツ工場スラカルCBフルーツマーケットピピ島とバイキングケーブシリナート海洋国立公園スマトラ島沖地震・津波プーケットファンタシーカオプラテオ国立公園パンガー湾国立公園プーケット国際空港プーケット水族館ナイヤン国立公園プーケットタウンホー クォンピンバンタオビーチプロムテープ岬アマンリゾーツワットプラトンマイカオビーチプロンテップ岬ワットチャロン

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プーケット島の関連情報