コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーケット島 プーケットトウ

3件 の用語解説(プーケット島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プーケット‐とう〔‐タウ〕【プーケット島】

Ko Phuket》タイ南部、マレー半島西岸の島。プーケット県に属す。本土とサラシン橋で結ばれる。古くからアンダマン海の交易の拠点として栄えた。同国有数の錫鉱床があり、16世紀から採掘が行われた。天然ゴム、サトウキビを産する。近年は国際的な海岸保養地として知られる。中心都市は南東岸のプーケット

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プーケット島
ぷーけっととう
Ko Phuket

タイ南部、マレー半島西岸にある島。本土と橋で結ばれる。面積800平方キロメートルの小島であるが、同国有数の錫(すず)の大鉱床がある。降水量が多く、ヤシやサトウキビの栽培も盛んである。沿海ではエビの漁獲も多い。近年は観光開発が進み、内外からの訪問客が多い。[大矢雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プーケット島の関連情報