コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイ=ポンスフォート条約(読み)ヘイポンスフォートじょうやく(英語表記)Hay‐Pauncefote Treaty

世界大百科事典 第2版の解説

ヘイポンスフォートじょうやく【ヘイ=ポンスフォート条約 Hay‐Pauncefote Treaty】

パナマ運河建設に関し1901年11月米英間で結ばれた条約。交渉に当たったアメリカの国務長官J.M.ヘイとイギリス駐米大使J.ポンスフォートの名をとって呼ばれる。米西戦争後,アメリカはカリブ海と太平洋に植民地を領有し,地峡地帯の運河建設に関心を強めた。イギリスに対し,運河の共同建設を定めたクレートン=バルワー条約(1850)の廃棄を要請し,アメリカが単独で運河を建設し運営に当たる新条約の締結を求め,イギリスは運河の自由航行と平等課税方式によりこれを認めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヘイ=ポンスフォート条約の言及

【国際運河】より

…1956年,エジプトが同運河を国有化したため,同運河の中立化は事実上制約されることになったが,運河の国際化の制度そのものは,エジプトも尊重している。 太平洋と大西洋を結ぶパナマ運河を国際化したのは,アメリカ・イギリス間で締結された1901年ヘイ=ポンスフォート条約であった。同条約自身,コンスタンティノープル条約の自由航行,中立化などの規則を採用すると規定した。…

※「ヘイ=ポンスフォート条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android