コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウム ヘキサシアノてつにさんカリウム potassium hexacyanoferrate(II)

1件 の用語解説(ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウム
ヘキサシアノてつにさんカリウム
potassium hexacyanoferrate(II)

化学式 K4[Fe(CN)6] 。フェロシアン化カリウム黄血カリ,黄血塩ともいう。 1710年に初めてつくられた。古くは動物の血液,羽毛,角などを鉄屑と混ぜて炭酸カリウムと融解し,融成物を水で抽出してつくったが,現在では石炭ガス精製の際,青酸洗浄装置などに捕集されるシアン化水素から合成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘキサシアノ鉄(II)酸カリウムの言及

【シアノ鉄錯塩】より

…俗称フェロシアン酸。ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウム水溶液に濃塩酸を加え,冷却してエーテルを加えるとエーテル付加物が得られ,これを乾燥水素気流中で80~90℃に加熱すると得られる。無色の結晶性粉末。…

※「ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウムの関連キーワードフェリシアン化カリウムフェロシアン化カリウムフェロセン紺青コレカルシフェロール配位子CNガスフェロニッケルペドラ・デ・フェロニトロプルシッドナトリウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone