コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘップバーン Hepburn, Audrey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘップバーン
Hepburn, Audrey

[生]1929.5.4. ベルギー,ブリュッセル
[没]1993.1.20. スイス,ローザンヌ
アメリカの映画女優。アイルランド系イギリス人貿易商の父とオランダ貴族の母の子として生れる。両親の離婚でオランダに移り,バレエを学びながら,対独レジスタンス運動に参加する。 1948年より舞台や映画に出演しはじめ,51年フランスの女流作家コレットに見出され『ジジ』のブロードウェー公演に主演。これをみた映画監督 W.ワイラーに『ローマの休日』 (1953) の主役に抜擢され,映画女優としてデビュー,アカデミー主演女優賞を受賞した。 54年に男優のメル・ファーラーと結婚,68年に離婚。翌年,イタリア人医師と再婚したが,80年に再び離婚した。晩年,国連児童基金 (ユニセフ) の親善大使として活躍した。おもな作品に『麗しのサブリナ』 (54) ,『戦争と平和』 (56) ,『尼僧物語』 (59) ,『ティファニーで朝食を』 (61) ,『シャレード』 (63) ,『マイ・フェア・レディ』 (64) ,『おしゃれ泥棒』 (66) ,『暗くなるまで待って』 (67) 『華麗なる相続人』 (79) ,『オールウェイズ』 (89) などがある。

ヘップバーン
Hepburn, Katharine

[生]1907.5.12. コネティカット,ハートフォード
[没]2003.6.29. コネティカット,オールドセイブルック
アメリカ合衆国の舞台・映画女優。フルネーム Katharine Houghton Hepburn。著名な外科医の父と婦人参政権と育児制限の活動家の母との間に生まれ,10代の頃より演劇に興味をもつ。ブリンマー・カレッジ卒業後ブロードウェーで舞台に立ち,1932年の The Warrior's Husbandで成功を収めた。これがきっかけとなって『愛の嗚咽』で映画に進出,1933年第3作目の映画『勝利の朝』で最初のアカデミー賞主演女優賞を獲得した。生来飾り気なく,ずけずけものを言う性格で,銀幕の内外において,当時の華やかで優雅なハリウッドの女優とはひと味違った女優だったが,卓抜な演技力もあって個性派として広く認められた。公私にわたって親しかったスペンサー・トレーシーと,2度目のアカデミー賞主演女優賞を獲得した『招かれざる客』 (1967) をはじめ多くの映画で共演した。ほかに代表作として『アフリカの女王』 (1951) ,『旅情』 (1955) ,Long Day's Journey into Night (1962) ,『冬のライオン』 (1968,アカデミー賞主演女優賞) ,『オレゴン魂』 (1976) ,『黄昏』 (1981,アカデミー賞主演女優賞) などがある。

ヘップバーン
Hepburn, Mitchell Frederick

[生]1896.8.12. オンタリオセントトマス
[没]1953.1.5. オンタリオ,セントトマス
カナダの政治家。オンタリオ州首相 (在任 1934~42) 。第1次世界大戦参戦を経て,自由党員として 1926年連邦下院議員に当選。 30年オンタリオ州の自由党党首となり,34年の州議会選挙で大勝を得,首相に就任。連邦政治も自由党が優勢を保っていた時期であったが,ヘップバーンは「オンタリオの権利」をより多く奪取しようと,連邦政府との戦いを展開し,W.エイバーハートや M.デュプレシとともに,30年代のカナダの州権主義展開の主導者であった。 45年議席を失って農場に引退。

ヘップバーン

ヘボン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘップバーン(Audrey Hepburn)

[1929~1993]米国の映画女優。ベルギー生まれ。「ローマの休日」で世界的な人気スターとなった。ほかに「麗しのサブリナ」「ティファニーで朝食を」など。

ヘップバーン(Katharine Hepburn)

[1907~2003]米国の映画女優。アカデミー主演女優賞を4度獲得。出演作「旅情」「冬のライオン」「黄昏(たそがれ)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヘップバーン【Hepburn】

〔Audrey H.〕 (1929~1993) アメリカの映画女優。ベルギー生まれ。映画初主演の「ローマの休日」で一躍大スターとなる。「昼下りの情事」「ティファニーで朝食を」「マイ-フェア-レディ」など。
〔Katharine H.〕 (1907~2003) アメリカの映画女優。ブロードウエーの舞台から映画界入り。二年連続アカデミー主演女優賞に輝く演技派。「旅情」「招かれざる客」「冬のライオン」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ヘップバーンの関連キーワードヘップバーン(Audrey Hepburn)メトロ=ゴールドウィン=メイヤーキャサリン・ヘップバーンスペンサー トレイシーローマのスペイン広場ヘップバーンカットデイルスフォードパンツ・ルックス・ワンダフルスティーブンスブロードウエーメル ファラーサブリナパンツヘップサンダルランテルディアメリカ映画オンディーヌヘアスタイル11月8日ヘプバーン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘップバーンの関連情報