コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッベル Hebbel, Christian Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘッベル
Hebbel, Christian Friedrich

[生]1813.3.18. ウェセルブーレン
[没]1863.12.13. ウィーン
ドイツの詩人,劇作家。煉瓦職人の子として,赤貧のなかで成長,父の死後 14歳で自立した。保護者に招かれハンブルクに行き,そこでお針子エリーゼ・レンジングの愛情と献身的な扶助を受けた。 1836年よりハイデルベルク,次いでミュンヘン大学に学び,作家生活に入った。彼の名をドイツ中に広めた悲劇『ユーディット』 Judith (1840) ,『ゲノフェーファ』 Genoveva (43) ,『マリア・マグダレーネ』 Maria Magdalene (44) を発表。 46年2人の子までなしたエリーゼを捨て,女優クリスティーネ・エングハウスと結婚した。『ヘローデスとマリアムネ』 Herodes und Mariamne (50) ,『ギューゲスと彼の指輪』 Gyges und sein Ring (56) などの悲劇は,個人の意志と世界の意志の対立を描く。ほかに中世ドイツの叙事詩『ニーベルンゲンの歌』を戯曲化した3部作『ニーベルンゲン族』 Die Nibelungen (62) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘッベル(Christian Friedrich Hebbel)

[1813~1863]ドイツの劇作家。ドイツ写実主義演劇の先駆となった。作「ユーディット」「マリア=マグダレーナ」「ギューゲスとその指輪」「ニーベルンゲン」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘッベル

ドイツの劇作家。北海沿岸の貧しい職人の家に生まれ苦学。自己犠牲的な年上の女性の愛を得る。奨学金によりパリ,イタリアなどを旅行。帰途ブルク劇場の名女優エンクハウスを知って結婚し,ウィーンに定住。
→関連項目写実主義シュティフターニーベルンゲンの歌

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘッベル【Friedrich Hebbel】

1813‐63
ドイツの悲劇作家。古典主義とリアリズムの過渡期に位置する。ウェッセルブーレン(ホルシュタイン地方)の生れ。貧困のため22歳近くなってからハンブルクに勉学に出た。ハイデルベルク,ミュンヘンの大学で学び,1839年ハンブルクに帰還。処女作《ユーディットJudith》(1841)で名まえを知られた。旧約聖書外典の女主人公にフロイトにも通じる鋭い心理解釈を加えたものだが,もう一人の主人公ホロフェルネスをニーチェのツァラトゥストラの先取りとすることもできる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘッベル【Christian Friedrich Hebbel】

1813~1863) ドイツの劇作家。近代写実主義の先駆となる悲劇・史劇を書いた。作品「マリア=マグダレーネ」「ユーディット」「ギーゲスとその指輪」「ニーベルンゲン」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘッベル
へっべる
Christian Friedrich Hebbel
(1813―1863)

ドイツの劇作家。北ドイツのディトマルシェンの貧しい左官の長男として生まれ、小学校卒業後、土地の教区管理所で従僕兼書記として働きながら、独学で文学的教養を培った。23歳のとき、ハンブルクの篤志家たちの知遇を得る。ハンブルクで1年勉強したあと、ハイデルベルク、ミュンヘンと遊学を試みたが、詩作にひかれる彼はついに学業を断念し、当時もっともてっとり早く金を稼ぐ手段であった劇作にとりかかる。こうして処女作『ユーディット』(1840)を完成する。これは同年上演され、一部の人々から賞賛されたが、劇作家として生活していけるだけの名声は得られなかった。翌年、中世の聖女伝説に基づく悲劇『ゲノフェーファ』を完成。2年後、デンマーク王から旅行扶助金を給与され、パリ、ローマ、ナポリを歴訪し、1845年ウィーンに落ち着き、ようやく執筆に専念する。
 このころから運が向いてきて、すでに2年前完成していた市民悲劇『マリア・マグダレーネ』(1844)がケーニヒスベルクで初演されたのをきっかけに、各地で彼の作品が上演されるようになった。保守的なウィーンの劇場が彼に門戸を開いたのは、3年後のブルク劇場での『マリア・マグダレーネ』が最初であった。これ以後彼は、ウィーンを代表する劇作家の1人として、次々に悲劇『ヘローデスとマリアムネ』(1849初演)、悲劇『アグネス・ベルナウアー』(1852)、悲劇『ギューゲスとその指輪』(1856)、史劇『ニーベルンゲンの歌』(1861初演)などの話題作を発表した。ドイツ演劇史上、彼は古典派と近代派との橋渡し役として位置づけられているが、激しい情熱と純粋な理念とに衝(つ)き動かされる劇的人間の造型は、近代演劇の先駆というよりは近代演劇そのものである。彼の激動の生涯を克明に記述した日記は、ゴンクール兄弟、アミエルのそれに匹敵する優れた文学作品である。[谷口 茂]
『実吉捷郎訳『ヘッベル短編集』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘッベルの言及

【近代劇】より

…とくに夭逝したビュヒナーの《ウォイツェック》は19世紀後半に原稿が発見され,下層民を主人公とした自然主義の先駆作品として評価されたが,もう一つの《ダントンの死》とともに,20世紀になってからは現代演劇の先取りともみなされてくる。彼と同年生れのC.F.ヘッベルは近代特有の運命悲劇の可能性を唱えた。大工親方一家の新旧道徳観の衝突による悲劇を描いた《マリア・マグダレーナ》(1844)は,イプセンの家庭劇に直接つながるものである。…

【ニーベルンゲンの歌】より

…ジークフリートの死も,ブルグント族の滅亡もそのような力によって引き起こされ,物語はゲルマン的悲劇的結末へと突き進む。 F.フケー,F.ヘッベルをはじめ多くの詩人たちがこの叙事詩を作品の題材とし,R.ワーグナーの楽劇《ニーベルングの指環》は《ニーベルンゲンの歌》をはじめ広く北欧神話に題材をもとめた巨作である。なおこの叙事詩にはあとにのこされた肉親,縁者たちの悲嘆を歌った《哀歌》(1215年ころ成立)がある。…

※「ヘッベル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘッベルの関連キーワードヴィルヘルム・フォン ショルツワイゼンボルンドイツ演劇ドイツ文学3月18日新古典主義吹田 順助アレクシスショルツ実吉捷郎日記文学中島 清吹田順助近代劇社会劇晩夏

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android