コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリンボーン herringbone

翻訳|herringbone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘリンボーン
herringbone

日本語のすぎ綾にあたる斜文織変化組織の織物,および柄の名称。 herringニシン,boneは骨の意で,織模様がニシンの骨の形状に類似していることによる。ほかにフィッシュボーン fishbone,アローヘッド arrowheadなどともいう。毛織の紳士・婦人オーバーおよびスーツ地をはじめ,綿,絹,人造繊維にも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘリンボーン

綾織の毛織物の一種。杉綾(すぎあや)ともいう。スギの葉を並べたような形からこの名がある。ヘリンボーンはニシンの骨の意。組織は変り綾織で,綾目が部分的に反対方向に走るので山形になる。白と黒,白と茶など2色を用いたツイードなどの毛織物に多いが,化繊織物などにも応用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘリンボーン【herringbone】

綾織の毛織物の一種で,ニシンの骨herringboneを並べたような柄なのでこう呼ばれる。日本では〈杉綾〉あるいは〈綾杉〉とも呼ぶ。基本的なヘリンボーン柄は2/2の綾を山型(またはV型)に連続的に組み合わせたものであるが,さらにさまざまな変形柄や,縞やチェック柄を組み合わせたパターンも多い。刺繡(ししゆう)におけるヘリンボーン・ステッチは千鳥がけのことである。【山崎 宗城】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘリンボーン【herringbone】

〔「ヘリングボーン」とも。ニシンの骨の意〕
魚の骨を図案化した模様。
杉綾すぎあや

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘリンボーン
へりんぼーん

ヘリング・ボーン・ツィルherring-bone twillの略語で、杉綾(すぎあや)織ともいう。綾紋の形式がヘリング・ボーン(ニシンの骨)あるいはスギの葉に似ているのでこうよばれている。元来、毛織物であるが、広義には綿、絹、化繊地のものもこれに含まれる。男性用、婦人用の服地に多く、ときには裏地などに用いられることがある。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘリンボーンの関連キーワード矢筈状斜交層理杉綾状斜交層理パッチワークウーステッド長谷川直紀

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘリンボーンの関連情報