コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルトウィヒ ヘルトウィヒ Hertwig, Oskar Wilhelm August

3件 の用語解説(ヘルトウィヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルトウィヒ
ヘルトウィヒ
Hertwig, Oskar Wilhelm August

[生]1849.4.21. フリートベルク
[没]1922.10.25. ベルリン
ドイツの発生学者,細胞学者。イェナチューリヒ,ボン各大学で医学,動物学を学ぶ。イェナ大学では E.ヘッケルに師事。イェナ大学講師 (1875) ,教授 (81) 。ベルリン大学の解剖学および進化学教授 (88~1921) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘルトウィヒ

ドイツの動物学者。イェーナ,ボンなどの大学に学び,ヨーロッパ各地で海産動物を研究。のちベルリン大学教授。受精の際に卵に精子が進入して精核と卵核が合一することや,生殖細胞がつくられるとき染色体が半減することなどを発見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルトウィヒ
へるとうぃひ
Oskar Hertwig
(1849―1922)

ドイツの動物学者。イエナ、チューリヒ、ボンの各大学に学び、E・H・ヘッケルネーゲリの影響を受けた。主として海産動物の比較解剖学や発生学に従事し、イエナ大学解剖学教授、ベルリン大学解剖学教授を歴任。ウニの受精に際して精核と卵核が合一することや、割球の位置を変えても正常に発生することを観察した。また精子や卵の形成において減数分裂がおこることを発見した。さらに弟とともに体腔(たいこう)の発生について研究し、「体腔説」を唱えた。進化の問題に関しては、むしろ獲得形質の遺伝を認めて、選択説を排した。主著に『体腔説』(弟と共著、1881)、『ヒトおよび脊椎(せきつい)動物の発生学』(1886)などがある。
 その弟Richard(1850―1937)も動物学者で、兄といっしょに多くの研究を行った。ケーニヒスベルク(現、ロシア領カリーニングラード)、ボン、ミュンヘンの各大学の教授を歴任。兄とともに体腔説を唱えたほか、原生動物学、細胞学の研究を行った。主著に前述の『体腔説』のほか、『系統学と新しい生物学』(1927)などがある。[八杉貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルトウィヒの関連キーワードフリートーキングフリートストリートウエートベルトパッシブシートベルトフリートーク安全戦隊シートベルダーポケットベルに死の予告スイートベルモットフリーシュートポジョ・フリート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone