コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘーベル ヘーベルHebel, Johann Peter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘーベル
Hebel, Johann Peter

[生]1760.5.10. バーゼル
[没]1826.9.22. シュウェツィンゲン
ドイツの詩人,小説家。エルランゲンで神学を学ぶ。 1783年レールラハの師範学校教師,のちカールスルーエギムナジウムの教師をつとめる。方言文学の最も重要な先覚者。素朴で,深い心情とユーモアや教訓に富む数々のすぐれた詩,短編,逸話を書いた。『アレマンネン方言詩』 Alemannische Gedichte (1803) ,短編集『ラインの家友の宝箱』 Schatzkästlein des rheinischen Hausfreundes (11) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘーベル【Johann Peter Hebel】

1760‐1826
ドイツの地方文学を代表する詩人。バーゼルに生まれ,エルランゲン大学でプロテスタント神学を学ぶ。バーデン地方の指導的教育者,聖職者となり,同地の方言による《アレマン方言詩集》(1803)で名声を得る。暦物語集《ラインの家の友の宝箱》(1811)は,四季おりおりの自然現象に触れて科学的世界像を説き,日常生活の指針を提供し,道徳的考察をも平易に表現,ユーモアのある語りで農民をはじめ広く民衆の啓蒙に寄与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘーベル
へーべる
Johann Peter Hebel
(1760―1826)

ドイツの詩人、小説家。バーゼル生まれ。幼少のころ両親を亡くした。カールスルーエの高等中学校(ギムナジウム)を経てエルランゲン大学で神学を修めた。母の故郷に近いレラハの師範学校に勤め、やがてカールスルーエの高等中学校に招かれ、教育と宗教の要職を長く務めた。バーデンの自然と人情を素朴にうたった『アレマン方言詩集』(1803)により有名になったが、公国のカレンダーに載せた散文小品が『ラインの家庭の宝箱』(1811)として、晩年の『聖書物語』(1823)とともに広く読まれた。終生郷土と庶民とユーモアを愛した人だった。[會津 伸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘーベルの関連キーワード山県周南前古典派音楽COE十勝川西長いもすみだ北斎美術館北斎とすみだ北斎美術館石原正明葛飾北斎解脱志筑忠雄

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘーベルの関連情報