コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘー Hay, John, 2nd Earl and lst Marquess of Tweeddale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘー
Hay, John, 2nd Earl and lst Marquess of Tweeddale

[生]1626.8.13. イーストロージアン,イエスター
[没]1697.8.11. エディンバラ
スコットランドの貴族。清教徒革命に際し,マーストンムーアの戦い (1644.7.) ではスコットランド盟約軍を率いて議会側を援助し,プレストンの戦い (48.8.) では国王派軍としてクロムウェル軍と戦った。 56~59年共和国議会議員。王政復古後,63年枢密院議長となったが解職され,82年復帰。名誉革命を支持し,92~96年スコットランド大法官となり,94年侯爵に叙せられた。

ヘー
Hay, John Milton

[生]1838.10.8. インディアナ,セーレム
[没]1905.7.1. ニューハンプシャー,ニューベリー
アメリカの政治家,外交官。ヘイとも表記される。中国に関する「門戸開放宣言」を発したことで有名な国務長官。 1858年ブラウン大学卒業後弁護士となり,A.リンカーンの知遇を得て私設秘書となる。 65~70年外交官としてパリ,ウィーン,マドリードに駐在。帰国後『ニューヨーク・トリビューン』紙論説委員。 79~81年国務次官。 97~98年イギリス駐在大使。 98年 W.マッキンレー大統領のもとで国務長官,さらに T.ルーズベルト大統領時代も引続き国務長官をつとめた。その間,アメリカ=スペイン戦争終結のパリ条約締結 (1898) ,サモア諸島分割に関するドイツとの紛争解決 (99) ,中国に関する「門戸開放」の覚え書を関係6ヵ国に送付 (99) (→門戸開放政策 ) ,中国の領土保全の提案 (1900) ,パナマ運河建設に関するヘー=ポーンスフォート条約の調印 (01) ,アラスカ国境画定に関する英米共同委員会の協定 (03) ,パナマ運河の永久所有権に関するヘー=ビュノーバリヤ条約の調印 (03) など,アメリカ帝国主義成立期の重要課題の処理にあたった。文筆の才に恵まれ,『エイブラハム・リンカーン伝』 Abraham Lincoln: A History (1890) の著作と,『リンカーン全集』 Lincoln's Complete Works (94) の編集は特に有名。

ヘー
Hay

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州南部,シドニーの西 732km,メルボルンの北 404kmにある町。マランビジー川沿岸に位置する。リベリナ地方の農牧中心地の一つ。人口 2961 (1986) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘーの関連キーワード形而上学(アリストテレスの著述)アリストテレス哲学の基本概念バーナード ボウズンキットパロマ・ウィルソン山天文台ゼノン(キプロスのゼノン)ヨーゼフ ヴァインヘーバークレイトン=ブルワー条約ヘー=ビュノーバリヤ条約ヘール周期(太陽活動)ヘイスティングズ城カーライル(伯妃)ニューハンプシャー州青年ヘーゲル学派ヘイスティングズヴァインヘーバーローゼンクランツJ. イポリット形而上学(哲学)ウェストヘーブンビュノー=バリヤ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘーの関連情報