ベイナイト(英語表記)bainite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鋼を高温のオーステナイト域から一定の温度領域 ( A1 点より低く Ar ″点より高い) に急冷し,一定時間保持すると現れる組織 (→TTT曲線 , 鉄鋼の変態 ) 。その温度領域と保持時間は種によって異なるが,共析炭素鋼では 200~500℃,10秒 (高温側) ~数時間 (低温側) である。ベイナイトの代表的な組織は特異組成の鉄炭化物とフェライトから成る特殊なもので,温度領域の高温側と低温側では顕微鏡下でやや異なる様相をもち,前者は羽毛状で高温ベイナイト,後者は針状で低温ベイナイトという。硬くて靭性のあるよい機械的性質をもつ。オーステナイト→ベイナイト変態は,十分な拡散を伴って生じるオーステナイト→フェライト,パーライト変態と,拡散を伴わないで生じるマルテンサイト変態中間的な温度領域において無拡散変態,拡散変態双方を含んで生じるとされている。マルテンサイトと異なり焼戻さずに使用できる利点がある。名称は鋼の恒温変態の研究者 E.C.ベインにちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

炭素鋼をオーステナイト状態から冷却して,パーライト変態が生じる温度領域とマルテンサイト変態が開始する温度(Ms点)の中間の温度領域に恒温保持したとき生じる組織(〈相変態〉の項参照)。アメリカのベーンE.C.Bainらにより発見された。モリブデンクロムなどの合金元素を含む鋼ではこのような恒温保持中だけでなく,中程度の速さで連続的に冷却しても生じる。およそ400℃以上で生じる上部ベイナイト(羽毛状ベイナイト)とそれ以下の温度で生じる下部ベイナイト(針状ベイナイト)に大別される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

オーステナイトパーライト生成温度より低く,マルテンサイト生成温度より高い温度範囲で分解したときに生成するフェライトと炭化物の混合組織.E.C. Bainの名前にちなんで命名された.高温度域で生成する上部ベイナイトは羽毛状ベイナイトともよばれ,その微細組織は棒状のフェライトので,そのフェライトの間をセメンタイト帯状に埋めた組織である.低温度域で生成する下部ベイナイトは針状ベイナイトともよばれ,内部に炭化物をもつ板状のフェライトである.この組織をもつ鋼の機械的性質は焼入れ焼戻しで得られる組織の鋼のものよりすぐれている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベイナイトの言及

【相変態】より

…変態生成物は,温度によって異なり,曲線の鼻より上ではパーライトが生じ,その組織は温度が高い場合は粗く,低い場合は細かい。鼻より低い温度ではベイナイトbainiteと呼ばれる組織が得られる。高い温度で生成したベイナイトは上部ベイナイトと呼ばれ羽毛状組織であるが,低い温度で生成したベイナイトは下部ベイナイトと呼ばれ針状組織である。…

【相変態】より

…これに対して原子配列を伴わない変化が磁気変態である。鋼および合金の熱処理に伴う相変態には,マルテンサイト変態,共析変態,ベイナイト変態などがあり,状態図,変態曲線などを参考にすると理解しやすい。
[マルテンサイト変態]
 マルテンサイト変態は構成原子が拡散して進行する変態ではない。…

※「ベイナイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android