コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベチューン

百科事典マイペディアの解説

ベチューン

カナダの外科医。中国名は白求恩。オンタリオ州グレーベンハーストで信仰心のあつい一族に生まれた。トロント大学医学部に学び,第1次大戦中に学位を取って,軍医としてヨーロッパ戦線に従軍。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベチューン【Henry Norman Bethune】

1890‐1939
カナダの外科医。中国名は白求恩。オンタリオ州の信仰心の強い一族に生まれる。第1次大戦中に医学教育をおえ,軍医としてヨーロッパ戦線に参戦。大戦後,ロンドンにおけるボヘミアン生活,アメリカでの開業などの後,重症の結核にかかり外科療法で治癒したことが転機となり,1927年カナダへもどり,胸部外科医として名声を得た。結核の発生の背景にある貧困と直面するうちにしだいに社会矛盾を認識し,社会主義へと接近していった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベチューン
べちゅーん
Noman Bethune
(1890―1939)

カナダ出身の医師。トロントの生まれ。第一次世界大戦に軍医として参加、復員後小児科医となるが、肺結核療養を経て胸部外科を専攻、1935年アメリカ胸部外科学会の正会員となる。同年、当時のソ連の医療事情を調査、1936年カナダ共産党に入る。同年スペイン内戦に人民戦線側の軍医として参加した。1938年1月、中国援助評議会、アメリカ平和民主主義擁護連盟の後援を得て中国に渡り、4月延安に入る。以後、晋察冀(しんさつき)辺区衛生顧問として八路軍に従軍し、1939年11月殉職するまで、前線での治療、病院建設、医師・看護師の養成に大きな貢献をした。毛沢東は彼の国際主義の精神を称えて『ベチューンを記念する』を書き、彼が創始した医学校と病院は、1952年石家荘(せきかそう)に移され、ノーマン・ベチューン国際平和病院となった。カナダ政府は1972年、彼を「国家的、歴史的に重要な」カナダ人に指定した。[遠藤節昭]
『R・スチュワート著、阪谷芳直訳『医師ベチューンの一生』(1978・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のベチューンの言及

【石家荘】より

…67年河北省の省都となり,さらに人口の増大をみた。河北師範大学など高等教育機関も設けられ,また華北烈士陵園内には抗日戦争の際,一身を犠牲にして医療活動に当たったカナダ人医師ノーマン・ベチューンの墓がある。またベチューン国際平和病院が建設されている。…

※「ベチューン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベチューンの関連キーワードノーマン ベチューンスペイン内乱ビュリダン3月3日抗日戦争老三編周而復長春

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android