コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニシダ

百科事典マイペディアの解説

ベニシダ

オシダ科の常緑シダ。本州〜九州の林内,路傍などにはえる。小さい地下茎から葉が集まって出,高さ0.3〜1m。葉は卵形,2回羽状複葉で,若葉の時赤みを帯びる。点状の胞子嚢群が各小羽片に2列に着き,円形包膜がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベニシダ【Dryopteris erythrosora (Eaton) O.Kuntz.】

本州の東北以南の暖地の山野に普通にみられる,オシダ科の常緑多年生シダ植物(イラスト)。朝鮮半島南部や中国大陸にも分布している。芽立ちの際の新葉が鮮やかな紅紫色を帯びるので,この和名がある。根茎は半地中性で,斜上から直立し,葉を叢生(そうせい)する。葉は新葉では紅紫色から淡紅色に色づくが,まれに緑色のものもある。葉柄は長さ20~50cm,基部に褐色から黒褐色の細い鱗片を密生する。葉身は卵状長楕円形,鋭尖頭,2~3回羽状に分裂し,長さ25~70cm,幅15~30cm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニシダ
べにしだ / 紅羊歯
[学]Dryopteris erythrosora (Eat.) O. Ktze.

オシダ科の常緑性シダ。葉は長さ60~90センチメートルで、斜上するやや太い根茎から束生する。葉身は卵形で2回羽状に分裂し、革質で表面につやがある。若い葉は赤紫色で、とくに包膜は真紅であることからこの名がある。葉軸には細い黒色の鱗片(りんぺん)が密生する。胞子嚢(のう)群は葉縁と中肋(ちゅうろく)の間につき、包膜は円腎(えんじん)形。関東地方以西の山地林下に普通にみかける。ベニシダと形態、生態が似ているトウゴクシダD. nipponensisは、葉がベニシダより深く切れ込み、大形でつやも少ない。また、分布がやや南に多いマルバベニシダD. fuscipesは、胞子嚢群が中肋寄りにつき、小羽片の先が丸みを帯びる。いずれも、日本庭園などに地植えでよく栽植される。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベニシダの関連キーワードベニシダ(紅羊歯)シダレザクラ枝垂れ桜三春滝桜サクラ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android