コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニノキ(紅の木) ベニノキBixa orellana; annatto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニノキ(紅の木)
ベニノキ
Bixa orellana; annatto

ベニノキ科の常緑小高木。西インド原産であるが,染料を採取するため,熱帯地方で栽培される。高さ数mになり,樹皮赤褐色。葉は長さ 10~15cmの広卵形で互生し,長い柄をもつ。頂生の円錐花序をなして,径5~6cmの5弁の花を数花ずつつける。花弁は淡紅色で美しく,多数のおしべがある。果実は紅色素ビキシンを含み,絹糸,羊毛,バター,チーズ,チョコレートなどの染色着色に用いられ,またエクアドルなどでは先住民がこの色素で頭髪の染色をする習慣がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android