コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルナノス ベルナノス Bernanos, Georges

6件 の用語解説(ベルナノスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルナノス
ベルナノス
Bernanos, Georges

[生]1888.2.20. パリ
[没]1948.7.5. ヌイイシュルセーヌ
フランスの小説家。コレージュ・ド・ブールジュなどカトリック系の学校を出て,パリ大学で法律を学ぶ。モーラスらの「アクシオン・フランセーズ」の運動に共鳴,しばらくルーアンで王党派週刊紙『ノルマンディーの前衛』を編集。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベルナノス(Georges Bernanos)

[1888~1948]フランスの小説家。カトリックの立場から、人間の内なる聖性と悪魔性との激しい相克を描いた。作「悪魔の陽の下に」「田舎司祭の日記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベルナノス

フランスの作家。1926年《悪魔の陽のもとに》で文壇に出た。現代人の悪を描きながら人間における聖なるものを追求したカトリック作家。代表作は《田舎司祭の日記》(1936年)。
→関連項目プーランクブレッソン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベルナノス【Georges Bernanos】

1888‐1948
フランスの作家。カトリック系の学校で中等教育を受け,一時聖職につくことを考えたあと,それを断念,アクシヨン・フランセーズに加入してその活動分子となり,ルーアンで王党派の週刊紙の主筆としてアランに対抗した。第1次世界大戦に従軍後,アルスの聖人ビアンネーをモデルとした小説,《悪魔の陽のもとに》(1926)で成功を収め,その後《欺瞞》(1927),《歓び》(1929。フェミナ賞),《田舎司祭の日記》(1936。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベルナノス【Georges Bernanos】

1888~1948) フランスの小説家。カトリック教徒として人間の魂の奥にひそむ悪魔的な要素をえぐり出し、恩寵による救いを説いた。小説「悪魔の陽のもとに」「田舎司祭の日記」、戯曲「カルメル会修道女の対話」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルナノス
べるなのす
Georges Bernanos
(1888―1948)

フランスの小説家、思想家。パリに生まれ、カトリックの信仰のもとに育ち、近代社会に対する危機意識からモーラスに学び、早くから「アクシオン・フランセーズ」の闘士として活躍した。第一次世界大戦から復員したのち、1926年『悪魔の陽のもとに』を発表して文壇にデビュー。以後『よろこび』(1929)、『田舎(いなか)司祭の日記』(1936)、『新ムーシェット物語』(1937)、『ウィーヌ氏』(1943)などの作品によって、現代における信仰の欺瞞(ぎまん)を暴き、殺人さえおこる憎悪や罪の渦巻く世界での人間の聖性と悪魔性との激しい相克を描き続け、20世紀におけるドストエフスキーの正統な後継者の地位を占めた。彼にこのような小説を造型させた危機意識は、また彼をユニークな思想家たらしめた。そして1931年反ユダヤ主義者ドリュモンdouard Adolphe Drumont(1844―1917)の鎮魂歌『心正しきものの大いなる恐怖』によって近代社会そのものを告発し、スペイン市民戦争(スペイン内戦)が勃発(ぼっぱつ)するや『月下の大墓地』(1938)を著して、聖なる戦いの美名のもとに無辜(むこ)の民衆を殺戮(さつりく)するファシストとそれを支援する教会を弾劾した。1938年祖国に絶望してブラジルに移住したあと、1940年にフランスがドイツに降伏するや、『イギリス人への手紙』(1942)などによりファシズムへの抵抗を祖国に訴え続け、ドゴール将軍と並んでレジスタンスの先駆者の栄誉を担った。第二次世界大戦後1945年に帰国するが、デモクラシーの勝利に酔う戦後社会のなかにあって、ひとり敢然と機械に支配される現代文明の未来に警告を発し、世界全体主義化の危険を説いた。戦後の作品としてはエッセイ集『自由、何をなすためか』(1953)、ドミニコ会士で作家のブリュックベルジェRaymond-Lopold Bruckberger(1907―1998)のシナリオにつけた対話『カルメル派修道女の対話』(1949)などがある。[渡辺一民]
『渡辺一民編『ベルナノス著作集』全6巻(1976~1982・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベルナノスの言及

【反ファシズム】より

…日本の《土曜日》の名称はこれにならった)以下おびただしい数の週刊誌が,主としてフランスで作家や知識人の手で創刊されだすのも,この時期にほかならない。このほか,従来右翼作家とみなされてきたモーリヤック,ベルナノスらがスペイン内乱の現実を目にして反ファシズムの陣営に加わったことも記しておこう。とはいえ,36年末刊行のジッドの《ソビエト旅行記》,そのころからしだいに西欧に広がりだしたソ連の粛清裁判への疑惑,さらに37年5月のスペイン共和政府内における共産党によるアナーキスト,トロツキストの粛清といった一連の事実が,共和政府側に不利に展開しだした戦局とともに,反ファシズム戦線に亀裂を生じさせていったことは否定できない。…

※「ベルナノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベルナノスの関連キーワードカトリック労働組合カンドーハーンカトリック教会サンテグジュペリモーリアックフランスソワールダーティ・トリックヘンドリックスの遺産オーコンネル

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone