コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルモンド ベルモンド Belmondo, Jean-Paul

3件 の用語解説(ベルモンドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルモンド
ベルモンド
Belmondo, Jean-Paul

[生]1933.4.9. パリ郊外ヌイイシュルセーヌ
フランス映画俳優ヌーベルバーグを代表する作品で型破りヒーローを演じて一躍スターとなり,その後は幅広いジャンルと役柄に取り組んだ。彫刻家ポールベルモンドの息子として生まれ,子供の頃から芸術は身近な存在だった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベルモンド

俳優。フランス,パリ生れ。舞台俳優をへて映画デビュー。J.L.ゴダール監督の《勝手にしやがれ》(1959年)でヌーベル・バーグの代表的な俳優となる。1960年代には,P.ブルック監督《雨のしのびあい》(1960年),ゴダール監督《気狂いピエロ》(1965年),F.トリュフォー監督《暗くなるまでこの恋を》(1969年),A.ドロンとの共演が話題となった《ボルサリーノ》(1969年)などに出演。
→関連項目メルビル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルモンド
べるもんど
Jean-Paul Bermondo
(1933― )

フランスの映画俳優。パリ郊外ヌーイに生まれる。コンセルバトアール(パリの国立演劇学院)で演劇を学び、舞台俳優から1958年映画デビュー。ゴダール監督の『勝手にしやがれ』(1959)で破滅型のアンチヒーローを斬新(ざんしん)に演じ、一躍脚光を浴びる。アクション映画を中心に活躍、フランスを代表するスターとなる。ほかに『気狂(きちが)いピエロ』(1965)、『ボルサリーノ』(1970)、『薔薇(ばら)のスタビスキー』(1974)、『ライオンと呼ばれた男』(1987)、『レ・ミゼラブル 輝く光の中で』(1995)などに出演した。[奥村 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルモンドの関連キーワードイルドフランスビゴペイネロゼーパリジャンフランスパンフランスソワールドロン進藤英太郎永井来

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルモンドの関連情報