コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベントゥーリ ベントゥーリ Venturi, Adolfo

5件 の用語解説(ベントゥーリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベントゥーリ
ベントゥーリ
Venturi, Adolfo

[生]1856.9.4. モデナ
[没]1941.10.10. ジェノバ
イタリアの美術史家。ローマ大学美術史教授。美術誌『ラルテ』の創刊者。主著『イタリア美術史』 Stòria dell'arte Italiana (1901~36) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベントゥーリ
ベントゥーリ
Venturi, Lionello

[生]1885.4.25. モデナ
[没]1961.8.15. ローマ
イタリアの美術史家。 A.ベントゥーリの子。 22歳でローマ大学の学位を取得,24歳でベネチア美術学校,ローマのボルゲーゼ美術館の副監督官,30歳でウルビノ国立美術館の主事。その後 17年間トリノ大学美術史教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベントゥーリ

イタリアの美術史家。モデナ生れ。1915年トリノ大学教授となり,1931年仏,米に滞在,第2次大戦後帰国してローマ大学の美術史教授に就任。時代の〈趣味〉とこれを打ち破ろうとする〈創造的才能〉の二つが,芸術を成り立たせていると考えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベントゥーリ【Lionello Venturi】

1885‐1961
イタリアの美術史家。モデナ生れ。30歳でトリノ大学の教授となるが,1931年ファシズムに反対して辞職し,パリ,次いでアメリカへと亡命する。戦後イタリアに戻り1960年までローマ大学の教授。《カラバッジョ研究》(1911)で早熟なデビューをした後,芸術を成り立たしめているのが芸術家をとり巻くその時代の歴史的条件すなわち〈趣味〉と,これを打ち破ろうとする〈創造的才能〉の二つであるという考えに至り,《美術批評史》(1936)で〈趣味〉の歴史を探ろうとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベントゥーリ
べんとぅーり
Adolfo Venturi
(1856―1941)

イタリアの美術史学者。北イタリアのモデナ出身。モデナ画廊理事を務め、その後、ローマ大学教授、またイタリア最大の美術雑誌『ラルテ』を創刊。ルネサンス美術の巨匠たちについての著書があるが、最大の業績は『イタリア美術史』全25巻(1901~40)を執筆したことである。
 その息子がリオネロ・ベントゥーリLionello Venturi(1885―1961)で、父の後を継いだ。ローマ大学で学び、のちトリノ大学で教えていたが、ファシストに追われてフランスに、ついでアメリカに亡命。戦後帰国してローマ大学教授となる。ルネサンス美術のほか、印象派や現代の美術に関する研究も進めた。邦訳されている著書に『近代画家論』(1941)、『絵画鑑賞入門』(1948)、『現代絵画』などのほか、クローチェの影響がうかがえる『美術批評史』(1945)がある。[鹿島 享]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベントゥーリの関連キーワード野間清六ベレンソンムラトーリモレリイタリアン沢柳大五郎摩寿意善郎シュマルゾーマラッタ《精神史としての美術史》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベントゥーリの関連情報