コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベートソン Bateson, Frederick Wilse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベートソン
Bateson, Frederick Wilse

[生]1901.12.25. チェシャー,スタイアル
[没]1978.10.16.
イギリスの文学研究者,批評家。オックスフォード大学卒業。『ケンブリッジ英文学書誌』 The Cambridge Bibliography of English Literature (4巻,1930~40) を編集,また季刊誌『エッセーズ・イン・クリティシズム』を創刊,編集 (51~74) 。母校のフェローをつとめた。主著『英詩と英語』 English Poetry and the English Language (34) ,『学者批評家』 The Scholar-Critic (72) 。

ベートソン
Bateson, William

[生]1861.8.8. ヨークシャー,ウィットビー
[没]1926.2.8. ロンドン
イギリスの動物学者,遺伝学者。ケンブリッジ大学出身。 1883年渡米し,ジョンズ・ホプキンズ大学で W.ブルックスに師事し,発生学を研究。また,進化の要因としての変異の問題に興味をもつ。 95年ケンブリッジ大学に戻る。変異は不連続であると主張し,K.ピアソンら生物計測学派との間に激しい論争を展開。不連続変異を説明するための理論を求めていた彼は,1900年,メンデルの法則再発見の報に接してメンデル理論に傾倒し,以来メンデルの論文を英訳するなど,その普及・啓蒙に努める一方,ニワトリとさかの形状がメンデルの法則に従って遺伝することを発見し,02年に動物でもこの法則が有効であることを示した。 04年,スイートピーの交雑実験から,各遺伝要素は独立に行動せず,遺伝要素の間に連鎖の存在することを発見。のち T.モーガンらが遺伝の染色体説の立場から連鎖の現象を説明したが,ベートソンはこれに反対し,22年まで長期間にわたって議論が続いた。ケンブリッジ大学の最初の遺伝学教授をつとめた (1908~10) のち,ジョン・イネス園芸研究所の所長となり,同研究所を遺伝学研究の中心地に育て上げた。なお,遺伝と変異を対象とする生理学の一分野を呼ぶための名称として,06年に彼は「遺伝学」 geneticsの語をつくった。

ベートソン
Bateson, Gregory

[生]1904.5.9.
[没]1980.7.4.
イギリス生れのアメリカの人類学者。遺伝学者ウィリアム・ベートソンの子。ケンブリッジ大学に学ぶ。アメリカの人類学者 M.ミードと結婚 (1936~50) ,1940年渡米。ハーバード大学客員教授 (1947~48) などをつとめ,56年帰化。ミードとの共著『バリ島民の性格-写真による分析』 (1942) は映像人類学のさきがけとなった。一方,文化とパーソナリティ,およびコミュニケーションに関する理論で,人類学から精神医学・動物行動学にわたる学際的な功績を残した。主著はそのほか『精神の生態学への歩み』 Steps to an Ecology of Mind (72) ,『精神と自然』 Mind and Nature: A Necessary Unity (79) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベートソン

英国の遺伝学者。ケンブリッジ大学卒業後渡米し,ジョンズ・ホプキンズ大学で発生や変異について研究,帰国後ケンブリッジ大学教授。ニワトリのとさかの遺伝研究では,動物でもメンデルの遺伝法則が適用できることを明らかにし,また,スイートピーでは連鎖の現象を発見。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベートソン【Gregory Bateson】

1904‐80
アメリカの文化人類学者,精神医学者。イギリスのグランチェスターで,高名な遺伝学者ウィリアム・ベートソンの三男として生まれた。その名は遺伝学の祖グレゴール・メンデルにあやかってつけられたものという。ケンブリッジ大学で初め生物学を学んだが,のち社会人類学に転向,ニューブリテンニューギニアフィールドワークに携り,その際知り合ったM.ミードと1936年に結婚している(50年離婚)。40年アメリカに移り,56年帰化した。

ベートソン【William Bateson】

1861‐1926
イギリスの遺伝学者。ケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジ卒業。はじめ動物発生学を研究。のち変異現象に着目ロシアまで旅行して調査。進化に関しては不連続変異説をとり,反ダーウィンの立場になる。メンデル法則再発見とともにそれを支持。ニワトリの鶏冠遺伝の研究から遺伝因子の存在・不存在説を提唱(1905),染色体遺伝因子説を批判したが,T.H.モーガンの研究室を訪れて以後はその意義を積極的に認めるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ベートソン【Bateson】

〔Gregory B.〕 (1904~1980) アメリカの人類学者。イギリス生まれ。の三男。ニューギニアやバリで調査を行い、民族誌「ナベン」「バリ」を著すほか、人間関係論を展開してダブル-バインド論を唱えるなど、幅広い研究を行なった。
〔William B.〕 (1861~1926) イギリスの遺伝学者。変異は不連続であるという説を立て、ニワトリの鶏冠とさかの遺伝を研究し、メンデルの法則を支持。また、パネット(R. C. Punnett)とともにスイート-ピーで遺伝子の連鎖現象を発見。遺伝子の相互作用に関する多くの業績を残し、現代遺伝学の基礎的諸概念を確立。遺伝学 genetics という語をつくった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のベートソンの言及

【変装】より

…彼らは行き会う男たちに甘え,……〉と,1788年1月のローマのカーニバルのようすを生き生きと描写している。このような祭儀の時空における女装・男装の例は世界各地に見られ,人類学者・民俗学者らによる報告・研究も数多く行われているが,たとえばイギリス生れの人類学者・精神病理学者G.ベートソンによるニューギニア・イアトムル族の〈ナベンNaven〉と呼ばれる行動の研究(《ナベン――三つの観点からひきだされたニューギニアのある部族文化の合成図が示す諸問題》1936)は,興味深い事例であるといってよい。ナベンは,初めて一人前の仕事をなしとげた若者(男)に対する祝福の儀礼などとして行われるが,そこでは女装・男装が重要な地位を占める。…

【遺伝学】より

…遺伝学は生物界にみられるこれらすべての変異のよってきたる原因を遺伝物質と関連づけて究明する生物学の一分野である。〈genetics(遺伝学)〉という語をつくったW.ベートソン(1906)は遺伝学を〈遺伝と変異に関する科学〉と定義している。現在の遺伝学は細胞・個体・集団の各レベルについて,遺伝物質の複製・伝達・情報発現の機構を解明し,これらの知見に基づいて変異の生成過程を理解し,さらにはその将来を予測することを目指している。…

※「ベートソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベートソンの関連キーワードベートソン(Gregory Bateson)ダブル・バインドG. ベートソンダブルバインド対立形質遺伝子民族誌奇形

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android