ベーリング海峡(読み)ベーリングかいきょう(英語表記)Bering Strait

  • ベーリングかいきょう ‥カイケフ
  • ベーリングかいきょう〔カイケフ〕
  • ベーリング海峡 Bering Strait

翻訳|Bering Strait

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシア語では Beringov proliv。ロシア北東端のチュクチ半島と,アメリカ合衆国アラスカ州スワード半島の間にある海峡北極海に属するチュクチ海太平洋に属するベーリング海を結ぶ。幅 35~86km。最大水深 42m。 10月から翌年8月まで流氷でおおわれる。 1648年ロシアの探検家 S.デジニョフが発見し,1728年この海峡を通過した V.ベーリングを記念して命名された。海峡の中間にあるダイオミード (ロシア語ではジオミーダまたはグボズデフ) 諸島中を合衆国とロシアの国境線が通り,西の大ダイオミード (ラトマノフ) 島はロシアに,東の小ダイオミード (クルゼンシテルン) 島は合衆国に属する。またここを通る国境線は国際日付変更線と一致する。2万~3万 5000年前の氷期にはこの海峡は陸地化し,アジア大陸からアメリカ大陸への人類の大規模な移住が行われたと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

デジニョフ岬(アジア)とプリンス・オブ・ウェールズ岬(北米)の間にあり,ベーリング海北極海を結ぶ。最狭部の幅85km,最深部42m。水温は最高時9℃。海流はここを通って北極海へ入る。10月から8月までは流氷群におおわれる。日付変更線が中央を通る。1648年S.I.デジニョフが発見,1728年V.ベーリングが通過して海峡であることを確認した。氷河時代には陸続きであったが,これをベーリング陸橋と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アジア大陸東端のチュコート半島デジニョフ岬と北アメリカ西端のプリンス・オブ・ウェールズ岬の間にある海峡。北極海と太平洋(ベーリング海)とをつなぐ。最狭部で両大陸の距離は85km,最深部42m。10月から8月までは,流氷群に覆われる。海峡中央部にダイオミード諸島Diomede Islandsがあり,西の大ディオミード島(ラトマノフ島Ostrov Ratmanovaともいい,面積10km2)はロシア領,東の小ダイオミード島はアメリカ合衆国領である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平洋北部のベーリング海と北極海とをつなぐ狭い海峡。ユーラシア大陸と北アメリカ大陸とを分ける。前者はロシア連邦のデジニョフ岬、後者はアメリカ合衆国アラスカ州のプリンス・オブ・ウェールズ岬である。幅約90キロメートル。深いところで50メートルしかなく、北極海とベーリング海との海水の交流はほとんどない。10月から6月まで結氷する。ここには日付変更線が設定されている。1778年にクックが探検。

[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(ベーリングはBjering) 北アメリカ大陸のアラスカとユーラシア大陸のシベリア東端の間の海峡。大西洋に付属する北極海と太平洋に付属するベーリング海を結ぶ。一七二八年に初めて海峡を通過したベーリング(二)にちなんで名づけられた。その中央を南北に日付変更線が走る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベーリング海峡の関連情報