コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペギー ペギー Péguy, Charles

6件 の用語解説(ペギーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペギー
ペギー
Péguy, Charles

[生]1873.1.7. オルレアン
[没]1914.9.5. セーヌエマルヌ,ビルロア
フランスの詩人,批評家。幼くして指物師の父を失う。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) に学び,戦闘的ドレフュス派として活動。一時社会党に入るが,「政党的」社会主義と対立して離党。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペギー(Charles Péguy)

[1873~1914]フランスの詩人・批評家。社会主義活動に専念したのち、雑誌「半月手帳」を主宰。カトリックに回心後、神秘主義的な詩を発表。第一次大戦で戦死。叙事詩エバ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペギー

フランスの詩人,評論家。オルレアン生れ。高等師範学校ではベルグソンに師事。社会主義者で,ドレフュス派の闘士として活躍(ドレフュス事件),詩劇《ジャンヌ・ダルク》(1897年)を発表。
→関連項目シュアレス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ペギー【Charles Péguy】

1873‐1914
フランスの詩人,思想家。今日のカトリック左派の思想の創始者。ドレフュス事件の最初からドレフュス派の戦闘的社会主義者だったが,事件が政治的妥協で終わるや社会主義諸党派を弾劾し,ドレフュス派精神擁護を旗印に,1900年個人雑誌《カイエ・ド・ラ・カンゼーヌ(半月手帖)》を創刊した。以後第1次大戦までこの雑誌に拠り,近代社会に対する危機意識に突き動かされながら,左翼の政治主義と右翼の権威主義に挑戦しつづけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ペギー【Charles Péguy】

1873~1914) フランスの詩人。雑誌「半月手帖」を創刊し、社会の功利主義・権威主義を批判した。神秘主義的な詩で知られる。詩劇「ジャンヌ=ダルクの愛の神秘」、叙事詩「イブ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペギー
ぺぎー
Charles Pguy
(1873―1914)

フランスの詩人、劇作家、思想家。オルレアンに生まれる。生後数か月で指物師の父を失い、椅子(いす)直し職人の母と祖母に育てられる。彼はこの幼年時代を懐かしみ、終生民衆の子を自負した。パリに出て高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)に入学、まもなく先輩ジョレスの影響で社会主義活動に専念。ドレフュス事件では、正義と真実を求める再審派として熱烈に戦うが、のちに『われらの青春』(1910)で「すべてはミスティックに始まりポリティックに終わる」と慨嘆するように、同志の政治的妥協に幻滅し、あくまでミスティックを貫く真実で自由な発言の場を確立するために、1900年『半月手帖(はんげつてちょう)Cahiers de la Quinzaine誌を創刊。同誌は幾多の危機を克服してペギーの戦死まで刊行された。彼はこれを自作の発表機関とすると同時に、ロマン・ロラン、シュアレス、タロー兄弟らに作品公表の場として提供し、20世紀初頭のフランス文学に大きな貢献を果たした。
 彼はベルクソンの講義を聴講して反知性主義、生への信仰などの思想的影響を受け、ソルボンヌ大学教授たちの固陋(ころう)な実証主義を厳しく批判した。またドイツの脅威を警告して好戦的な愛国心を鼓吹し、旧友ジョレスらの平和主義と対立、さらに近代社会の唯物論的傾向を告発し、民衆の連帯と共和主義を主唱した。1908年ころカトリックに回心、1910年ころから神秘主義的詩人となる。処女作『ジャンヌ・ダルク』(1897)を深化した自由詩形の『ジャンヌ・ダルクの愛徳の神秘劇』(1910)とそれに続く神秘劇には、精神性(スピリチュエル)(永遠)が肉身性(シャルネル)(現世性(タンポレル))に挿入される託身(アンカルナシオン)の秘義が歌われている。定型詩『聖母の綴織(つづれおり)』(1913)には有名な「シャルトルの聖母にボース地方を捧(ささ)げる詩」が含まれている。彼の白鳥の歌『エバ』Eve(1913)は四行詩、7600余行の壮大な叙事詩で、人間の悲惨と偉大、その救霊を扱う。彼の詩は反復が多く、中世の連祷(れんとう)に通うものがある。第一次世界大戦勃発(ぼっぱつ)直後マルヌの戦いで戦死した。[円子千代]
『平野威馬雄訳『半月手帖』(1942・昭森社) ▽磯見辰典訳『われらの青春――ドレフュス事件を生きたひとびと』(1976・中央出版社) ▽シャルル・ペギー著、山崎庸一郎訳『歴史との対話――クリオ』(1977・中央出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペギーの関連キーワードカトリシズムカトリック労働組合カンドーマリタンカトリック教会モーリアックコペーオーコンネルグアルディニラムネー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペギーの関連情報