ペシャーワル

百科事典マイペディアの解説

ペシャーワル

パキスタン北部,北西辺境州州都アフガニスタン国境のハイバル峠の東方約15kmにあり,古来中央アジアとインド世界を結ぶ交通・商業の要地。銃砲類,紙巻タバコ,家具,絹,綿,毛織物など手工芸品を特産。2世紀クシャーナ朝の都となり,ガンダーラ美術が栄えた。博物館,大学(1950年創立)がある。158万人(2012)。→ガンダーラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペシャーワル【Peshāwar】

パキスタン北西端,北西辺境州の州都。人口55万5000(1981)。地名は〈国境の町〉の意。西方約15kmに中央アジアとインド亜大陸とを結ぶハイバル峠があり,軍事・交易上の要地として栄えてきた。20世紀初めまでは,アフガニスタンのカーブルだけでなく,現ウズベキスタン領のブハラサマルカンドからも隊商が訪れ,西方からの乾果サフラン生糸じゅうたん金糸,宝石,東方からの穀物,砂糖,塩,茶,香料,インジゴなどがここで交易された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android