ペスト菌(読み)ペストきん(英語表記)Yersinia pestis; plague bacillus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペスト菌
ペストきん
Yersinia pestis; plague bacillus

卵円形をしたグラム陰性の小桿菌で,ペストの病原体である。 1894年にホンコンで A.イェルサンによって発見され,また北里柴三郎によっても研究された。本来はネズミとか野生の齧歯類に寄生しているが,ノミなどの昆虫が媒介して,ヒトにペストを起す。ペスト菌には,細胞の両端が特に濃く染まる特性がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ペストきん【ペスト菌】

ペストの起因菌。本来はネズミや野生の齧歯げつし類の病原菌であるが、ノミなどの昆虫を介してヒトに伝播。グラム陰性小桿菌かんきんで極染色性(菌体の両端が濃染する)を呈する。1894年、北里柴三郎およびフランスのエルサンがそれぞれ独立に発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ペスト‐きん【ペスト菌】

〘名〙 ペストの病原体。グラム陰性の短桿(たんかん)菌。一八九四年、北里柴三郎、フランスのA=イェルサンがほとんど同時に発見。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペスト菌の関連情報