コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペスト菌 ペストきん Yersinia pestis; plague bacillus

4件 の用語解説(ペスト菌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペスト菌
ペストきん
Yersinia pestis; plague bacillus

卵円形をしたグラム陰性の小桿菌で,ペストの病原体である。 1894年にホンコンで A.イェルサンによって発見され,また北里柴三郎によっても研究された。本来はネズミとか野生の齧歯類に寄生しているが,ノミなどの昆虫が媒介して,ヒトにペストを起す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペスト‐きん【ペスト菌】

ペストの原因となる細菌。グラム陰性桿菌(かんきん)。1894年にフランスの細菌学者エルサン(A.Yersin)および北里柴三郎がほぼ同時に発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペスト菌【ペストきん】

ペスト病原菌。大きさ約1μm,芽胞を形成せず,鞭毛(べんもう)をもたないグラム陰性短杆(かん)菌。罹患(りかん)動物から吸血したノミの胃の中で増殖し,そのノミの刺咬口から感染する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ペストきん【ペスト菌】

ペストの起因菌。本来はネズミや野生の齧歯げつし類の病原菌であるが、ノミなどの昆虫を介してヒトに伝播。グラム陰性小桿菌かんきんで極染色性(菌体の両端が濃染する)を呈する。1894年、北里柴三郎およびフランスのエルサンがそれぞれ独立に発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペスト菌の関連キーワードタペストリー肺ペスト錫ペスト腺ペストペストリーテンペスト級ペストゥムブダペスト交響楽団ブダペスト祝祭管弦楽団マラキア・タペストリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペスト菌の関連情報