コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペスト菌 ペストきんYersinia pestis; plague bacillus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペスト菌
ペストきん
Yersinia pestis; plague bacillus

卵円形をしたグラム陰性の小桿菌で,ペストの病原体である。 1894年にホンコンで A.イェルサンによって発見され,また北里柴三郎によっても研究された。本来はネズミとか野生の齧歯類に寄生しているが,ノミなどの昆虫が媒介して,ヒトにペストを起す。ペスト菌には,細胞の両端が特に濃く染まる特性がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ペスト菌【ペストきん】

ペスト病原菌。大きさ約1μm,芽胞を形成せず,鞭毛(べんもう)をもたないグラム陰性短杆(かん)菌。罹患(りかん)動物から吸血したノミの胃の中で増殖し,そのノミの刺咬口から感染する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ペストきん【ペスト菌】

ペストの起因菌。本来はネズミや野生の齧歯げつし類の病原菌であるが、ノミなどの昆虫を介してヒトに伝播。グラム陰性小桿菌かんきんで極染色性(菌体の両端が濃染する)を呈する。1894年、北里柴三郎およびフランスのエルサンがそれぞれ独立に発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ペスト菌の関連キーワードアレキサンダ・エミール エルサンおもな感染症と病原体生物毒素兵器禁止条約日本科学史(年表)ケオプスネズミノミペスト(伝染病)ペスト(黒死病)パスツール研究所北里 柴三郎グラム陰性菌緒方 正規遠山 椿吉CBR兵器生物学兵器特定病原体ヒトノミ媒介動物レフレル生物テロ腺ペスト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペスト菌の関連情報