コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペスト菌 ペストきんYersinia pestis; plague bacillus

4件 の用語解説(ペスト菌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペスト菌
ペストきん
Yersinia pestis; plague bacillus

卵円形をしたグラム陰性の小桿菌で,ペストの病原体である。 1894年にホンコンで A.イェルサンによって発見され,また北里柴三郎によっても研究された。本来はネズミとか野生の齧歯類に寄生しているが,ノミなどの昆虫が媒介して,ヒトにペストを起す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ペスト菌【ペストきん】

ペスト病原菌。大きさ約1μm,芽胞を形成せず,鞭毛(べんもう)をもたないグラム陰性短杆(かん)菌。罹患(りかん)動物から吸血したノミの胃の中で増殖し,そのノミの刺咬口から感染する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ペストきん【ペスト菌】

ペストの起因菌。本来はネズミや野生の齧歯げつし類の病原菌であるが、ノミなどの昆虫を介してヒトに伝播。グラム陰性小桿菌かんきんで極染色性(菌体の両端が濃染する)を呈する。1894年、北里柴三郎およびフランスのエルサンがそれぞれ独立に発見。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペスト菌の関連情報