コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペダーセン ペダーセン Pedersen, Charles John

4件 の用語解説(ペダーセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペダーセン
ペダーセン
Pedersen, Charles John

[生]1904.10.3. 釜山
[没]1989.10.26. ニュージャージーセーレム
アメリカの化学者。父はノルウェー人,母は韓国人。 1920年代初めに渡米,デイトン大学を経てマサチューセッツ工科大学で博士号を取得。 1927年デュポン社に入社し,42年間にわたって研究畑を歩いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペダーセン(Charles John Pedersen)

[1904~1989]米国の化学者。母は日本人。デュポン社研究所研究員。1967年にクラウンエーテルを発見し、その性質を研究した。1987年ノーベル化学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ペダーセン【Charles John Pedersen】

1904~1989) アメリカの化学者。1961年、金属イオンを選択的に取り込んで錯体を形成し、無機塩やアルカリ金属を可溶化する性質をもつ化合物(クラウンエーテル)を合成。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペダーセン
ぺだーせん
Charles John Pedersen
(1904―1989)

アメリカの化学者。韓国の釜山(プサン)で、ノルウェー人の父と日本人の母との間に生まれる。少年時代を長崎、横浜で過ごし、1922年に渡米、デイトン大学で化学工学を学び、ついでマサチューセッツ工科大学(MIT)で修士号を取得した。1927年にデュポン社に入社し、化学研究員として1969年まで勤務した。なお、1953年にアメリカの市民権を獲得している。
 ペダーセンは、石油化学、合成ゴムなどの研究を行っていたが、1960年代なかばに有機化合物合成の実験中に、副生物として未知の白い結晶ができているのを発見した。彼はこの結晶に興味をもち、さらに詳しく調査した結果、それが環状ポリエーテルで、ジベンゾ18‐クラウン‐6であることがわかり、このような構造の物質をクラウンエーテルと名づけた。その後もクラウンエーテルの研究を続け、クラウンエーテルには特定の化合物やイオンを選択的に取り込む性質があることをつきとめた。ペダーセンは、1987年に「高い選択性のある構造特異的な相互作用をおこす分子の開発と利用」の研究に貢献したとしてノーベル化学賞を受賞した。クラウンエーテルの詳しい研究を行ったクラム、レーンとの共同受賞であった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペダーセンの関連キーワード釜山窯Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数n-3脂肪酸秋田県湯沢市炭釜山Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペダーセンの関連情報