コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペッパー ペッパーPepper

翻訳|Pepper

知恵蔵の解説

ペッパー

Pepper」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ペッパー(pepper)

胡椒(こしょう)ペパー
(Pepper)ソフトバンクモバイルとフランスのアルデバランロボティクスが共同開発した人型ロボット。平成26年(2014)に発表。翌年、一般向けの販売を開始。人間との会話を通じて人間の感情を理解し、周囲の状況に応じて自らの感情表現を行う。インターネット経由でデータセンターに会話データを蓄積してビッグデータ分析を行い、クラウド人工知能を組み合わせ、より適切で人間らしい応対ができるようになっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ペッパー

コショウ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペッパー【Arthur Edward Pepper】

1925‐82
愛称アート・ペッパーArt Pepperの名で親しまれるアメリカの白人のジャズ・アルト・サックス奏者。1947‐52年,スタン・ケントン楽団のスター・ソリストとして人気を得,独立したが麻薬でキャリアはしばしば中断した。しかしカリフォルニアの麻薬治療センター〈シナノン〉での療養ののち,74年2月にカムバックし,翌年コンテンポラリーから15年ぶりの新作を発表した。70年代末から主流派モダン・ジャズ復興の波に乗って人気も急上昇し,とくに日本で最高の人気をもつジャズメンの一人となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ペッパー【pepper】

〔ペパーとも〕
胡椒こしよう
唐辛子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

ペッパー

ソフトバンク株式会社が2015年2月から19万8000円で一般販売する、人工知能を搭載した人型ロボットの名称。身長約120センチメートルで、タイヤで移動する。人の表情や声の調子を分析し、感情を推定する「感情エンジン」という高度な人工知能(AI)を搭載し、それによりどのような言動をとればいいか自分で考えるように作られている。ふれ合いを重ねるたびに相手への理解が深まり、またインターネット上の「クラウドAI」に接続することにより、他のペッパーの情報を取り入れて学習を加速させることもできる。ソフトバンクでは「史上初の心を持つロボット」を標榜している。同社は、ペッパーの中核技術の外部への販売も検討しており、幅広い分野で普及を図ろうとしている。

(2014-6-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペッパー
ぺっぱー
Art Pepper
(1925―1982)

アメリカのジャズ・サックス奏者。カリフォルニア州パサディナでドイツ系の父親とイタリア系の母親の間に生まれ、5歳のとき父方の祖母に預けられる。9歳でクラリネットを吹きはじめ、12歳のときアルト・サックスを贈られる。高校時代スクール・バンドの一員として演奏活動をしつつ、ロサンゼルスの黒人居住区に出かけ多くのジャズマンと交流をもつ。
 1943年、18歳で作・編曲家、ピアノ奏者であるスタン・ケントンの楽団に入団し、初レコーディング『ゾーズ・ケントン・デイズ』Those Kenton Daysを体験、早くも才能の片鱗を見せる。入団直後兵役に就くが47年に復帰、51年まで在団する。51年から53年にかけては、ウェスト・コースト・ジャズの中心的人物であるトランペット奏者ショーティ・ロジャーズShorty Rogers(1924―94)のバンド「ショーティ・ロジャーズ・アンド・ヒズ・ジャイアンツ」に参加し、優れたアルト・サックス奏者としての評価を高める。この間自らのバンドも結成し、52年にはハリウッドの「サーフ・クラブ」に出演。同年ディスカバリー・レコードに初めてのリーダー・セッションを吹き込む。この演奏はアルバム『サーフ・ライド』として後にサボイ・レーベルから発売された。53年麻薬中毒のため刑務所に収監、54年再び投獄される。55年ジャズ・シーンに復帰、56年にかけて多くの名演を残す。この時期は彼の優れた特質がよく表れた絶頂期といってよく、アルバム『マーティ・ペイチ・カルテット・フィーチャリング・アート・ペッパー』『モダン・アート』(ともに1956)など、独特の哀感のこもったフレージングでファンに強い印象を与えた。57年には、トランペット奏者マイルス・デービスのリズム・セクションと共演したアルバム『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』を発表する。
 60年代のペッパーは薬物中毒による刑務所暮らしのため、中央のシーンからは遠ざかっていたが、64年一時出所のおりは従来の持ち味を一転させ、テナー・サックス奏者ジョン・コルトレーンの影響を強く受けた攻撃的ともいえる演奏を行っている。69年自ら薬物中毒の治療機関であるカリフォルニア州の「シナノン」に入所、同施設でボランティア活動をしていた写真家ローリーLaurieと出会い、出所後2人は71年に結婚する。75年復帰第一作アルバム『リヴィング・リジェンド』を発表、15年ぶりのリーダー作は大きな話題を呼び、77年(昭和52)初来日した際はファンの熱狂的歓迎を受ける。79年ローリーの協力により自伝『ストレート・ライフ』Straight Lifeを上梓、その赤裸々な告白が評判となる。
 彼のアルト・サックス奏法は、チャーリー・パーカーの存在が絶対的であった時代に珍しくその影響が希薄で、その点だけでもオリジナリティに富んだ個性的なものだった。また、前期の叙情性豊かな表現から、後期のコルトレーンの影響を受けたアグレッシブなスタイルに至る変化も興味深い。[後藤雅洋]
『アート・ペッパー、ローリー・ぺッパー著、村越薫訳『ストレート・ライフ』(1981・スイングジャーナル社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペッパーの言及

【コショウ(胡椒)】より

…【鈴木 晋一】
[コショウ交易]
 コショウは古代から近世までの東西交易における主要商品であり,西ヨーロッパ,中国で珍重された。ペッパーpepperはサンスクリット語のpippali(ナガコショウ)が転訛した語とされるが,インド産のものが中央アジアの通商路を経由して中国にもたらされたため,〈胡〉の〈さんしょう(椒)〉とよびならわされた。ギリシア・ローマ時代には南インドのマラバル産コショウがインド洋の貿易風(ヒッパロスの風)を利用して輸出された。…

※「ペッパー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペッパーの関連キーワードウエスト・コースト・ジャズ[west coast jazz]アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクションウイルフレッド ミドルブルックスリターン・オブ・アート・ペッパー小岩井 ひとくちスモークチーズジュリエット アンダーソンジ・アート・オブ・ペッパーエドワード ウェストンジェームス クリフトン雪印 ビールにチーズ!ジャック モントローズボブ ウィットロックジョー モンドラゴンジョージ ケイブルスチャーリー ヘイデンレスター ケーニッヒゲイリー ピーコックチャーリー ケネディジャック シェルドンドン フリードマン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペッパーの関連情報