コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイットワース ホイットワース Whitworth, Sir Joseph, Baronet

5件 の用語解説(ホイットワースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイットワース
ホイットワース
Whitworth, Sir Joseph, Baronet

[生]1803.12.21. チェシャー,ストックポート
[没]1887.1.22. モンテカルロ
イギリスの機械技術者。マンチェスターで機械工をしていたが,1825年ロンドンに出て,正確な平面研磨法を開発。 33年マンチェスターに戻り,工具工場を開いた。彼の工場で製作される工作機械は,規格が厳密で部品交換ができるのが特徴で,近代工作機械の基本を確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホイットワース

英国の機械技術者。1833年工作機械工場を興し,旋盤その他新型の工作機械を製造したほか,定盤,測長機,円筒ゲージなどを考案し,精密工作法の基本を確立した。1841年には,ウィットねじの基礎となった,ねじ標準規格を提唱。
→関連項目モーズレー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホイットワース【Joseph Whitworth】

1803‐87
イギリスの機械技術者。ストックポートの生れ。14歳でダービーシャーの叔父の綿紡績工場で働き始め,この間に機械製作についての技術を学ぶ。1825年,ロンドンに出てH.モーズレーの工場で働く。33年マンチェスターで工作機械工場を設立,旋盤やボール盤フライス盤平削り盤など各種の工作機械を次々とつくり,以後20年以上にわたり機械工作技術の発明,改良においてイギリスで指導的役割を果たした。なかでも真平面3枚1組による定盤製作法の発明(1840),現在のウィットねじの基礎となった標準ねじの提案(1841),マイクロメーターの基となった測長器,プラグゲージやリングゲージの発表など,精密測定器具とそれに基づく標準製作システムの基本をつくりあげた功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ホイットワース【Joseph Whitworth】

1803~1887) イギリスの機械技術者。初めて定盤じようばんを製作。また、標準ねじ方式を発表し、精密工作法の基礎を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイットワース
ほいっとわーす
Sir Joseph Whitworth
(1803―1887)

イギリスの機械技術者。ストックポートに生まれる。14歳のとき叔父の紡績工場に入り、4年間働いたのち、前から希望していた機械製作の仕事を始めた。1825年にモーズリーの弟子となり、クレメントの工場で働いて機械技術を身につけた。1833年にはマンチェスターに工場を建てて、工作機械や測定器の製作、研究を始めた。ここでつくられた各種の工作機械や度量衡の研究により、彼の工場は短期間に名声を得た。1840年、3枚を1組として、世界最初の真平面を実現した定盤(じょうばん)を発明した。この定盤は平面を製作する場合の標準面として、今日に至るまで機械工場で使用されている。また、ねじの寸法統一を考え、1841年に標準寸法を提案し、イギリス工業規格制定協会に採用された。以後長い間ねじの標準寸法として各国で採用された。さらにマイクロメーターによって長さを精密に測定する研究を行い、1万分の1インチ(約0.0025ミリメートル)まで測定のできる測長機をつくった。ほかに円筒の内径や外径を測定するプラグゲージやリングゲージも考案した(1856)。1851年ロンドンで開催された第1回万国博覧会に旋盤、平削り盤、ボール盤、剪断(せんだん)機、ねじ切り旋盤、歯切り盤、ナット製造機など多数の工作機械を出品した。さらにライフル銃の改良を考え、銃腔(じゅうこう)に旋条を刻んだ小銃をくふうした。1867年パリの万国博覧会でイギリスの技術の遅れを知り、奨学金を提供して技術教育に貢献した。彼の企業は1874年に改組され、1897年にアームストロング社と合併した。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホイットワースの言及

【ゲージ】より

…加工部品の互換性が必要となり,精度も高くなってくると線を合わせる測定では満足できないようになった。ホイットワースJoseph Whitworth(1803‐87)は,1856年インチ標準ブロックをマイクロメーター式測長器とともに作り,端面を触って行う測定を普及させていった。57年には,基準として同種のものではなく,工作物と対になる逆の形のもの,すなわち穴に対しては円柱,軸に対しては輪,いいかえれば図1に示すようなプラグゲージとリングゲージとを用いることによって比較できるようにした。…

【限界ゲージ】より

…1798年にアメリカでホイットニーEli Whitney(1765‐1825)が互換性を考えた生産方式を取り入れ大量生産方式の基礎を作った。それが19世紀の中ごろイギリスのホイットウァースJoseph Whitworth(1803‐87)の働きによって重要な意義をもつようになった。 限界ゲージは穴,または軸の最大許容寸法を基準とした測定端面と,最小許容寸法を基準とした測定端面とをもつゲージである。…

【ゲージ】より

…加工部品の互換性が必要となり,精度も高くなってくると線を合わせる測定では満足できないようになった。ホイットワースJoseph Whitworth(1803‐87)は,1856年インチ標準ブロックをマイクロメーター式測長器とともに作り,端面を触って行う測定を普及させていった。57年には,基準として同種のものではなく,工作物と対になる逆の形のもの,すなわち穴に対しては円柱,軸に対しては輪,いいかえれば図1に示すようなプラグゲージとリングゲージとを用いることによって比較できるようにした。…

【限界ゲージ】より

…機械部品の寸法が,許容できる誤差の範囲内に入っているかどうかを検査するためのゲージ。機械の製造は多数の部品に分け,それぞれ独立に加工し組み立てている。製造数が少数の場合は,組立てのとき部品が合わなければ寸法の狂いを修正して組み上げることができる。中・多量生産になると,まったく独立に加工した多数の部品の中から任意に抜き取り,そのまま組み立てることができることが望ましい。また,一部品が破損して交換するとき,単にはめかえただけで組み立てられることが望ましい。…

【ねじ】より

…一方,従来困難であっためねじの製作は,モーズレーの工場で働いていたクレメントJoseph Clement(1769‐1844)が作ったタップの利用により,飛躍的に容易となった。現在のものと変わらないねじ切り旋盤をつくり,これによって締結用ねじおよび運動用ねじの大量生産の技術を確立したのは,これまたモーズレーの弟子であったJ.ホイットワースである。彼はさらにそれまで各自がばらばらに製造していたねじを規格化することを試み,彼の提案に基づいて1841年ウィットねじと呼ばれるねじ規格が制定された。…

※「ホイットワース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホイットワースの関連キーワードウィルキンソンスミートンイギリス巻ケネバンクポートストックポイントイギリス・バロック管弦楽団バス・ストップボードマーイギリス電信技術者協会イーピーアイガス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone