コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホエザル Alouatta; howler; howling monkey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホエザル
Alouatta; howler; howling monkey

霊長目オマキザル科ホエザル属の動物の総称。5種から成る。体長 40~70cmで,新世界ザル中最大である。尾は長く,50~75cm。毛色は黄褐色赤褐色黒褐色など。喉頭部には舌骨で囲まれた空洞があり,これが共鳴袋の働きをするため,大声を出すことができる。その声は 3km遠方でも聞えるという。またなわばりをもち,他の集団が侵入してくると大声で吠える。 20~30頭ほどの群れで行動する。木の葉,果実,芽などを食べるが,昆虫類鳥類,卵なども食物とする。中央・南アメリカの熱帯雨林に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ホエザル

霊長目オマキザル科ホエザル属の新世界ザルの総称。頭胴長40〜65cm,尾も同じほど。中南米の標高0〜2500mくらいまでに分布。人手の入っていない乾燥した林,多雨林,疎開林の樹上にすむ。
→関連項目サル(猿)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホエザル
ほえざる / 吠猿
howler monkey

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オマキザル科ホエザル属に含まれる動物の総称。この属Alouattaの仲間は特殊な発声器官をもち、1キロメートル以上離れていても聞こえるほどの大長声を発する。5種に分けられることが多い。オマキザル科では大形のほうで、雄の体重は約7.5キログラム、頭胴長は46~72センチメートル。雌はこれより小さい。メキシコ南部からアルゼンチン北部に至る範囲に濃い分布を示す。熱帯多雨林がおもな生息地であるが、より乾燥した植生環境にもみられる。オマキザル科のなかでは葉食の傾向がもっとも強いが、そのための消化器官の特殊化はみられず、果実や花の多い時期、また多い土地ではそれらをよく食べる。数頭から十数頭の群れで暮らすが、マントホエザルA. palliataではしばしば20~30頭余のより大型の群れがみられる。[西邨顕達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホエザルの関連キーワードコイバ国立公園とその海洋保護特別地帯ロス・カティオス国立公園ロス中央スリナム自然保護区マミラウア自然保護区ホエザル(吠猿)ヨザル(夜猿)カーペンター発音(生物)アマゾン川マラジョ島タラマンカ吠猿・吼猿広鼻猿類平づめ吠猿サル

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホエザルの関連情報