コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッカイエビ(北海蝦) ホッカイエビPandalus kessleri

世界大百科事典 第2版の解説

ホッカイエビ【ホッカイエビ(北海蝦) Pandalus kessleri】

十脚目タラバエビ科の甲殻類イラスト)。食用エビで,寒海性の重要種。体長13cm内外で,北海道からサハリンにかけて多産する。浅海のアマモ帯に多い。生きているときは暗緑褐色で,体側に数本の淡黄白色の縦縞が走る。大きな額角(がつかく)をもち,その上縁に13~18本(頭胸甲上に4~5本)の可動棘(かどうきよく),下縁に10~15本の不動棘がある。胸脚の形態はボタンエビトヤマエビなどと同様で,また,同じように雄性先熟性転換をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android