コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホニアラ Honiara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホニアラ
Honiara

南西太平洋,ソロモン諸島首都ガダルカナル島北岸の港湾都市で,第2次世界大戦中に連合軍司令部が置かれ,1952年に正式に首都となった。ココナッツ製品,木材を取り引きする。 16km東方に国際空港がある。人口 6万4609(2009)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホニアラ

南西太平洋メラネシアの島国,ソロモン諸島の首都。点在する島のうち最大のガダルカナル島北部にあり,人口6万4602人(2009)。〈東風の吹くところ〉を意味するナホニアラが地名の由来で,第2次世界大戦後にイギリス植民地政府によって,米軍施設跡地へ行政庁舎が開設されたのを機に町として発展し,政治・経済の中心地となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホニアラ【Honiara】

南西太平洋,ソロモン諸島(1980独立)の首都。人口4万4000(1996)。ガダルカナル島の北西端から40km東の同島北海岸に位置する。地名は〈東風の場所〉を意味するnaghoniaraという言葉に由来する。1568年にスペイン人メンダーニャが上陸した地点であるポイント・クルツが町の中央部にある。町は第2次大戦時の日本軍,アメリカ軍施設の跡地に発展,イギリス保護領時代の行政中心を経て,現在に至っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ホニアラ【Honiara】

ソロモン諸島の首都。ガダルカナル島北岸の港湾都市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホニアラ
ほにあら
Honiara

太平洋南西部、メラネシア、ソロモン諸島のガダルカナル島北岸にある港町で、立憲君主国「ソロモン諸島」の首都。人口5万4600(2003推計)。東12キロメートルにヘンダーソン空港があり、シドニー、スバ(フィジー)などと定期航空路線を結ぶ。西45キロメートルのタンベアTambea村は伝統建築の民家を開放した保養地区。東100キロメートルのタバニププTavanipupu島も海岸保養地となっている。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のホニアラの言及

【ガダルカナル[島]】より

…1978年,イギリス保護領から独立した新興国〈ソロモン諸島〉の政治・経済の中心地。首都ホニアラが島の北岸中央にある。面積6475km2。…

※「ホニアラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ホニアラの関連キーワードオセアニア史(年表)ガダルカナル[島]ソロモン諸島の要覧ソロモン反政府運動トゥラギ島ツラギ島FFA

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホニアラの関連情報