コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホー・チ・ミン[市] Ho Chi Minh

翻訳|Ho Chi Minh

1件 の用語解説(ホー・チ・ミン[市]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホー・チ・ミン[市]【Ho Chi Minh】

ベトナム南部の都市。旧名サイゴンSaigon。1975年まで南ベトナムの首都であったが,北ベトナムによる統一とともに現名に改められた。人口432万(1993)は同国最大である。広大なメコン川デルタの北に連続するサイゴン川デルタ上に位置し,河口から97km上流にある。標高10mで,河港をもち,サイゴン川の川幅はここで250~300m,水深も10mに及ぶため,外洋船もらくに遡航できる。この地方は元来カンボジアの勢力圏でクメール族が多く住み,近世には地方的な商業地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホー・チ・ミン[市]の関連キーワードベトコンベトナム語ホーチミン市メコン川広南交趾支那バオダイ胡志明越僑西貢

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone