コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カポック kapok

翻訳|kapok

百科事典マイペディアの解説

カポック

熱帯アメリカ原産とされ,熱帯アジアなどで広く栽培されるキワタ科の落葉高木。高さ30mに達し,水平に開出するを生じ電柱のように見える。果実は枝にたれ下がる。種子に生じる長い毛はカポックまたはパンヤとよばれ,浮力が大で,断熱性,弾力性に富むので救命胴衣やクッションなどの詰物にされる。
→関連項目救命いかだ(筏)救命胴衣植物繊維綿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カポック【kapok】

キワタ科の高木で,高さ20m,またはそれ以上になる(イラスト)。基部板状にはり出す板根に支えられ,枝は直立する幹から水平に輪生して,電信柱のような樹形をつくる。葉は掌状で5~8片に分かれ,果実が成熟するころ短期間落葉する。葉腋(ようえき)から数本の花梗を出し,乳白色の花を1個ずつつける。果実は長楕円形で長さ10~13cm,枝からぶら下がる。内部は5室に分かれ,長毛に包まれた100~150個の種子があり,熟すと割れて,カポック(別名パンヤ)と呼ばれる繊維を露出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カポック【kapok】

カポックノキの種子を包む綿毛状の繊維。布団・クッション・救命袋などの詰め物にし、また印肉の基材とする。パンヤノキの綿毛をいうことがある。
カポックノキの別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カポック

パンヤノキ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カポックの関連キーワードホー・チ・ミン(ベトナム南部の特別市)ロス・カティオス国立公園カヌー競技用語集救命いかだ(筏)プカロンガンカポックの木カポックノキシエフレーラシェフレラモロゴロ州パンヤの木キワタノキジューグー救命設備繊維植物ウコギ科油脂工業ダカールコルホゴ救命ブイ

カポックの関連情報