カポック

百科事典マイペディアの解説

カポック

熱帯アメリカ原産とされ,熱帯アジアなどで広く栽培されるキワタ科の落葉高木。高さ30mに達し,水平に開出するを生じ電柱のように見える。果実は枝にたれ下がる。種子に生じる長い毛はカポックまたはパンヤとよばれ,浮力が大で,断熱性,弾力性に富むので救命胴衣やクッションなどの詰物にされる。なお,園芸的にはウコギ科ホンコンカポックを略して呼ぶこともある(シェフレラ)。
→関連項目救命いかだ(筏)救命胴衣植物繊維綿

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カポック【kapok】

キワタ科の高木で,高さ20m,またはそれ以上になる(イラスト)。基部板状にはり出す板根に支えられ,枝は直立する幹から水平に輪生して,電信柱のような樹形をつくる。葉は掌状で5~8片に分かれ,果実が成熟するころ短期間落葉する。葉腋(ようえき)から数本の花梗を出し,乳白色の花を1個ずつつける。果実は長楕円形で長さ10~13cm,枝からぶら下がる。内部は5室に分かれ,長毛に包まれた100~150個の種子があり,熟すと割れて,カポック(別名パンヤ)と呼ばれる繊維を露出する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カポック【kapok】

カポックノキの種子を包む綿毛状の繊維。布団・クッション・救命袋などの詰め物にし、また印肉の基材とする。パンヤノキの綿毛をいうことがある。
カポックノキの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android