ボケ(木瓜)(読み)ボケ(英語表記)Chaenomeles lagenaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボケ(木瓜)
ボケ
Chaenomeles lagenaria

バラ科の落葉低木。中国原産で観賞用として庭園に栽植される。幹はよく枝分れして濃褐色,とげのような小枝がある。葉は長さ4~8cmの卵状披針形で互生し,基部卵形の托葉をつける。春,深紅の5弁花を数個集めて咲かせる。品種により白花のものや淡紅色,絞りなどもある。果実はカリンに似ているが小型で芳香があり黄色く熟するが,堅くて渋く酸味が強いので食用にはならない。同属クサボケ (草木瓜) は日本各地の山地に自生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ボケ(木瓜)【ボケ】

中国原産のバラ科の落葉低木。庭木や盆栽,切花用に栽植される。高さ2〜3mになり,よく分枝し,短枝はとげ状になる。葉は長楕円〜卵形で,細かい鋸歯(きょし)がある。春,短い柄のある径3cmほどの花を開く。園芸品種が多く,花色には鮮紅,淡紅,白,紅白の咲き分けや絞りがある。果実は西洋ナシ形で11月に黄熟香気があるが,生食には適さない。挿木取木株分けでふやす。日本には近縁クサボケが野生する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボケ【ボケ(木瓜) Japanese quince】

高さ2~3mほどになるバラ科の落葉低木(イラスト)。中国原産。春に咲く淡紅色の花を観賞するため庭園に植えられ,また切花や盆栽にも多用される。互生する葉は楕円形から長楕円形で,細かい鋸歯があり,枝にはとげがある。花は径2~3cm,ときには5cmを超え,花弁は長楕円形から円形,おしべは多数,めしべ花柱は5本で,園芸品種には下部に毛を密生するものから無毛のものまである。楕円形で,長さ8cmほどの果実は,黄緑色から黄色に熟し,芳香があり〈木瓜(もつか)〉の名で消化器系の病気に使われ,また酒石酸リンゴ酸を含み,香りもよいので砂糖煮や果実酒にも使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android