コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボストンバッグ Boston bag

デジタル大辞泉の解説

ボストン‐バッグ(Boston bag)

ボストン大学の学生が用いたところから》旅行用の手提げかばん。革または布製で中ほどが膨らみ、底は長方形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ボストンバッグ【Boston bag】

底が矩形でふくらみがあり,2本の手提げがついたかばん。名はボストン大学の学生が愛用したことに由来すると思われるが,運動や旅行に使うかばんはアメリカではクラブ・バッグと呼ぶのが一般的。日本では1924年ころより売られ,軽快,安価,便利さが買われた。当初の口金式から,ファスナーの導入(1934国産)によりいっそう普及した。【青羽 真理子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ボストンバッグ【Boston bag】

底が長方形で、中ほどのふくらんだ旅行用の手提げかばん。ボストン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボストンバッグ
ぼすとんばっぐ
Boston bag

両側に持ち手のついた小形の手提げ(かばん)。クラブバッグclub bagの別名。アメリカのボストン大学の学生が使い始めたのがこの名の由来。初めは頑丈な口金で開閉していたが、ファスナーの使用によってソフトで堅牢(けんろう)な仕立てとなった。素材としては皮、人工皮革、カンバス、合繊などがある。形は底広で横長、2本の持ち手のほかに肩ベルトがつくものもある。軽くてじょうぶで持ちやすいことから、旅行用、スポーツ用をはじめ、最近はタウンバッグとしても愛用されている。[平野裕子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボストンバッグの関連キーワードハンドバッグ小包袋物

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボストンバッグの関連情報