コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボストンバッグ ボストンバッグ Boston bag

4件 の用語解説(ボストンバッグの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボストン‐バッグ(Boston bag)

ボストン大学の学生が用いたところから》旅行用の手提げかばん。革または布製で中ほどが膨らみ、底は長方形

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボストンバッグ【Boston bag】

底が矩形でふくらみがあり,2本の手提げがついたかばん。名はボストン大学の学生が愛用したことに由来すると思われるが,運動や旅行に使うかばんはアメリカではクラブバッグと呼ぶのが一般的。日本では1924年ころより売られ,軽快,安価,便利さが買われた。当初の口金式から,ファスナーの導入(1934国産)によりいっそう普及した。【青羽 真理子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ボストンバッグ【Boston bag】

底が長方形で、中ほどのふくらんだ旅行用の手提げかばん。ボストン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボストンバッグ
ぼすとんばっぐ
Boston bag

両側に持ち手のついた小形の手提げ鞄(かばん)。クラブバッグclub bagの別名。アメリカのボストン大学の学生が使い始めたのがこの名の由来。初めは頑丈な口金で開閉していたが、ファスナーの使用によってソフトで堅牢(けんろう)な仕立てとなった。素材としては皮、人工皮革、カンバス、合繊などがある。形は底広で横長、2本の持ち手のほかに肩ベルトがつくものもある。軽くてじょうぶで持ちやすいことから、旅行用、スポーツ用をはじめ、最近はタウンバッグとしても愛用されている。[平野裕子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボストンバッグの関連キーワード提げ重底が浅い手提げ手提げ鞄孕み鬢盥恨みがましい手提げ金庫手提灯膨らみ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボストンバッグの関連情報